【解説】WiMAXの3日で10ギガの通信容量制限と速度規制

【解説】WiMAXの3日で10ギガの通信容量制限と速度規制

3日で10ギガ

月間通信容量が無制限のWiMAXギガ放題プランは、本当に“制限なし”?

ギガ放題プランを契約中でも注意が必要な、3日で10ギガの通信量制限。WiMAXの全プロバイダで共通した通信制限ルールで、3日間での通信量合計が10GB以上になると速度制限が発生します。とは言え、3日で10ギガのデータ通信量は簡単に超えるものでしょうか?

このページでは3日で10ギガのWiMAXの通信制限について、速度規制の発生タイミングや解除タイミングなどを詳しく解説、またどれくらいインターネット通信を行うと3日で10GBに到達するかの目安も紹介、この制限をどの程度気にするべきかについて説明します。

ギガ放題も対象!WiMAXの3日で10ギガの通信容量制限

月間通信容量が無制限となるWiMAXのギガ放題プランを契約中であっても注意が必要な3日で10ギガの通信量制限。直前3日間での合計データ通信量が10GB以上となると速度制限が発生するというルールです。まずは、このWiMAXの通信規制の内容を詳しく解説します。

WiMAXプロバイダ共通!ネットワーク混雑回避のための速度制限

この3日で10ギガという通信量制限および超過時の速度制限は“ネットワーク混雑回避のための速度制限”と呼ばれるものでWiMAXの全プロバイダで共通のルール。WiMAXの通信インフラを管理するUQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」を筆頭に、WiMAXサービスを契約できるプロバイダは20社以上ありますが、どのプロバイダでWiMAXを契約しようとも3日で10ギガ以上の通信を行うと速度制限が発生します。

WiMAXの通信規制・速度制限は徐々に緩和・改善

簡単にWiMAXのこれまでの通信規制・速度制限ルールの変遷をまとめたのが下記の表。この表からも分かる通り、現在の3日で10ギガの通信規制に至るまでWiMAXの速度制限ルールは徐々に緩和されてきています。

対象機関 通信規制・速度制限ルール
2013年サービス開始~2015/5/28 (制限なし)
2015/5/29~2015/7/13 3日で3ギガ(GB)
※制限時の通信速度は約1Mbps
2015/7/14~2017/5/1 3日で3ギガ(GB)
※制限時の通信速度は約6Mbps
2017/5/2~現在 3日で10ギガ(GB)
※制限時の通信速度は約1Mbps

 

3日で10ギガの通信制限は、WiMAXのギガ放題プランを利用予定の方は必ず知っておいたほうが良いルール。ここからは通信制限の詳細を説明していきます。

通信量の合計が直前3日で10GBを超えた翌日から発生

3日で10ギガの制限ですが、直前3日間でのデータ通信量の合計が対象です。つまり、明日(翌日)WiMAXの速度制限が発生するかは、今日・昨日・おとといの3日間の通信量で決まります。

対象日 データ通信量
※速度制限が発生せず
データ通信量
※速度制限が発生
おととい 1GB 3GB
昨日 5GB 3GB
今日 3GB 4GB
明日(翌日) 直前3日合計9GB
※制限なし
直前3日合計10GB
※速度制限

制限時間帯は夜間のみ、また制限中も速度1Mbpsで利用可能

直前3日間でのデータ通信量が10GBを超えると、到達した翌日からが速度制限の対象。しかしながらWiMAXの通信速度が制限されるのは「翌日夕方18時頃~翌々日午前2時頃まで」と夜間の時間帯のみで、制限期間中でも日中の時間帯は問題なくWiMAXを利用できます。
 
また速度制限中もWiMAXのルーターを利用したインターネット接続が可能で、最大速度約1Mbpsで通信できます。約1Mbpsの速度であればWEBサイトの閲覧やメールの送受信はもちろん、YouTubeの動画も標準画質であれば視聴可能で、一切インターネット通信ができなくなる訳ではありません。

このように3日で10ギガの通信制限は時間帯が限定され、日中は問題なくWiMAXを使用できたり、また制限もある程度インターネット通信が可能なことから、比較的緩やかな通信制限と考えて良いでしょう。

3日間の通信量合計が10GBを下回れば自動的に解除

また3日で10ギガの通信制限ですが、直前3日間でのWiMAXのデータ通信量が10GBを下回れば自動的に解除されます。一度速度制限が発生したとしても、最短で「翌日夕方18時頃~翌々日午前2時頃まで」の8時間だけで終了する場合もあります。

10GBを超過した翌日の通信量が少ない場合、最短8時間で解除

一度発生したWiMAXの速度制限が最短8時間で解除される場合と、翌日以降も直前3日間での合計が10GB以上となり速度制限が継続される場合の例は下記の通りです。

最短8時間で3日で10ギガの制限が解除される場合

もし今日時点で3日で10ギガの制限に到達しても、明日(翌日)の通信量を少なくすれば夜間の速度制限1回(最短8時間)のみで解除される。

対象日 データ通信量 速度制限
おととい 3GB
昨日 3GB
今日 4GB
明日(翌日) 2GB 直前3日合計10GB
※速度制限
明後日(翌々日) 直前3日合計9GB
※制限なし
3日で10ギガの制限が継続する場合

本日時点で3日で10ギガに到達、明日以降も通信量を減らさないと夜間の速度制限が連続・継続してしまう。

対象日 データ通信量 速度制限
おととい 3GB
昨日 3GB
今日 4GB
明日(翌日) 4GB 直前3日合計10GB
※速度制限
明後日(翌々日) 直前3日合計11GB
※速度制限

速度制限が午前2時以降も続く場合はルーターを再起動・リセット

稀に午前2時以降になっても速度制限が解除されず、通信速度が遅い状態が継続してしまうこともあるようです。その場合は、WiMAXのルーターの電源を一度落とし、再起動してリセットすることで速度制限が解除されます。念のため覚えておくと良いでしょう。

月間7GBプラン契約の場合、月末まで解除されない厳しい速度制限

WiMAXには上記のような主にギガ放題プラン契約中の方が注意するべき3日で10ギガの制限のほか、月間通信容量7GB上限プランを契約中に月間データ通信量の合計が7GBを超過した際に発生する速度制限があります。
 
この速度制限は3日で10ギガの制限よりも厳しく、7GBを超過したその日から通信速度は約128Kbpsに規制され、またこの速度制限は月末(翌月1日)まで常に継続します(夜間のみの制限ではありません)。この通信速度ではWiMAXのルーターを利用してインターネットに接続することは非常に困難で、月内の利用はほぼ不可能です。

WiMAXの月間通信量7GB上限プランの特徴がこの厳しい速度制限で、少しでもデータ通信量の多い方には3日で10ギガと制限ルールの緩いギガ放題プランがおすすめです。

auの4G/LTE回線・ハイスピードプラスエリアモードも月間7GB

もう1つWiMAXの通信制限で知っておくべきなのが、auの4G/LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードの使用も月間7GB制限である点。月間7GBを超過するとハイスピードプラスエリアモードだけでなく、標準のハイスピードモードの通信速度も約128Kbpsに制限されてしまいます。
 
ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX回線の圏外エリアでも、auの4G/LTE対応エリアであればインターネット通信が可能になる便利なモードですが、利用するとLTEオプション料金として月額1,005円が発生します。ただしWiMAXを3年契約するとLTEオプションを無料とするプロバイダが増えてきており、以前よりも利用しやすい通信モードになってきました。

ギガ放題プランを契約中であれば、3日で10ギガの制限に加えて、このauの4G/LTE回線を利用するハイスピードエリアモードの通信量制限も覚えておく必要があります。

他のポケットWiFiサービスの通信量・速度制限との比較

WiMAXの3日で10ギガの速度制限は比較的緩いルールであることをお伝えしましたが、他のポケットWiFiサービスと比較した場合はどうでしょうか?結論で言えば、他のポケットWiFiと比較してWiMAXの通信制限は同等、もしくは緩いのです。こうした通信制限の緩さも他のポケットWiFiと比較してWiMAXの人気がある理由の1つかも知れません。

WiMAXおよび主要ポケットWiFiにおける通信制限ルールの比較

主要なポケットWiFiサービスとWiMAXの通信制限ルールを比較表にまとめました。基本的にどのポケットWiFiもWiMAXと同様の通信量制限や速度制限があります。

ポケットWiFiサービス 通信量制限 速度制限の内容
WiMAX(ワイマックス) 月間7GB 超過すると約128Kbpsまで低速化
WiMAX(ワイマックス) 3日で10ギガ 超過時の最大通信速度は約1Mbps、また制限時間は夜間のみ
ドコモ(docomo) 月間5GB~ 利用可能データ量を超えると、データ通信速度が128Kbpsの「リミットモード」に
スマモバ(Smart Mobile Phone) 3日で3ギガ 制限後の速度は、上り下りともに200kbps以下
ソフトバンク(Softbank) 月間7GB 当月のデータ量が7ギガを超えると、月末まで最大128Kbpsまで通信速度が低速化
ワイモバイル(Y!mobile) 月間5~7GB 通信量が5~7ギガを超えた場合、月末までデータ通信速度を低速化(最大128Kbps)
ワイモバイル(Y!mobile) 3日で10ギガ(GB) 制御後の最大通信速度は約1Mbps
ヤフー・ワイファイ(Yahoo Wi-Fi) 月間5GB 通信量が5ギガを超えた場合、当月末まで最大通信速度128kbpsに制限
ヤフー・ワイファイ(Yahoo Wi-Fi) 3日で10ギガ インターネットが使い放題となるのは「アドバンスモード」のみ。3日で10ギガを超えると約1Mbpsに速度制限。「標準モード」は通信量7GBまでで、超過すると約128Kbpsに低速化。

完全無制限のインターネット接続は固定回線のみ?

このようにWiMAXやポケットWiFiには何らかの通信量制限や速度制限があり、オンラインゲームや高画質の動画視聴を完全に無制限で利用したい場合は固定インターネット回線を契約するしかないでしょう。ただし月額料金が平均で4,000円~6,000円とWiMAXやポケットWiFiよりも高額になる点がデメリット。

3日で10ギガの目安~どの程度のインターネット利用が可能?

3日で10ギガの通信制限ですが、どれくらいWiMAXのルーターでインターネットを利用すると制限の対象となるでしょうか?結論で言えば、「毎日、長時間動画を視聴する」「ネットゲームを長時間する」など相当なデータ通信量となるヘビーユーザーでない限り、3日間で10GBの通信量には到達しにくく、制限の対象になりにくいと考えられます。

パソコン利用の場合のデータ量10GBの目安

具体的にどの程度インターネットを利用するとデータ量10GBに到達するのか、UQ WiMAX社のホームページに目安となる通信量が例示されていましたので引用して紹介します。こちらはパソコンをWiMAXルーターに接続し、通信を行った場合を想定した場合の通信データ量の例となっています。

通信量10GBの目安
出典:UQ WiMAXホームページ(http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/note/gigahodai_speedlimit_10/)

Youtubeの標準画質動画であれば、3日間で約47時間視聴可能

上記の例によれば、Youtubeの標準画質動画であれば10ギガで約47時間視聴可能とあります。つまり、毎日15時間視聴を続けても3日間で10GBには到達しません。超高画質動画であっても1日平均2時間は視聴可能です。

音楽ファイルなら2,500曲分、メールの送受信であれば約2万通分

別の例になりますが、例えば4分間程度の楽曲の音楽ファイルは平均すると1ファイルあたり4MB程度。つまり10ギガあれば3日で約2,500曲をダウンロード可能です。また一般的なメールは1通あたり平均約500KBであり、3日で10ギガあれば約2万通の送受信が可能です。

このように3日で10ギガというのは十分なデータ通信量で、一般的な利用であればWiMAXのルーターで特に制限を受けること無くインターネット通信できそうです。

自分のルーター端末で通信量を確認する方法

また自分のWiMAXルーターでどの程度の通信を行っているかは、ルーター端末上で簡単に確認可能です。設定方法の詳細は各ルーター機種によって異なりますが、WiMAXのルーターには必ず累積のデータ通信量や直前3日間での通信量を確認できるメニューがあります。
 
定期的にルーターで通信量を確認するようにしたり、常時確認できるよう通信量カウンターの設定を変更しておくとルーター本体のディスプレイ上に表示されるので便利です。

以上、WiMAXの3日で10ギガの通信制限について紹介しました。

相当なヘビーユーザーの方の場合を除き、一般的なインターネット利用ユーザーの方であれば特に制限を気にすることなくWiMAXを利用できそうなこと、理解いただけましたでしょうか?

繰り返しになりますがこの3日で10ギガの通信制限は、WiMAXの各プロバイダで共通のルール。つまり、契約時のプロバイダ比較ではこの通信制限や速度制限の比較は不要で、重要なのはあくまで料金やキャンペーン内容の違いです。

各WiMAXプロバイダの最新料金やお得なキャンペーン情報はぜひ当サイトで確認ください!

【最新のおすすめプロバイダ情報!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!