【徹底比較】ワイファイの定義とWiMAX・ポケットWiFiの違い

【徹底比較】ワイファイの定義とWiMAX・ポケットWiFiの違い

Wi-Fi

自宅や外出先でインターネットに接続しようとすると必ず出てくる「WiFi」や「WiMAX」などの専門用語。どちらも無線でインターネットに接続する、という意味で使われることが多い単語ですが、インターネット通信という点ではまったく定義や仕組みが異なります
 
自宅でも外出先でも快適にインターネットに接続したい!と考えてサービスを探しているみなさんは、「ポケットWiFi」と「WiMAX」を比較・検討していたり、「自宅のネット環境をWiFi化しようか、WiMAXに加入しようか」比較して悩んでいることが多い様子。
 
このページでは、そもそもWiFiとWiMAXの違いから、ポケットWiFiやモバイルWi-Fiなどさまざまな「WiFi」と名が付く通信サービスとWiMAXの比較を分かりやすく、丁寧に解説します。

そもそもWiFiは”接続”、WiMAXは”通信”の方式

WiFi(ワイファイ)とは「複数の機器の間をケーブルを挿すことなく、無線で相互に通信(データのやりとりを)できるようにする」ための規格・方式、つまり機械を製造する際の”決め事”です。
 
簡単に言うと、職場や自宅でLANケーブルがなくてもインターネットができるように無線化するために必要なのがWi-Fiという接続方式で、この方式に従って製造されたノートPCやプリンターなどの機器は、すべて無線で(WiFiで)接続・通信できることになります。

WiFiには対応した機器とルーターが必要

最近ではWiFi通信に対応したスマートフォンや携帯電話、ノートパソコンなどのIT機器も増え、また自宅にWiFi接続可能なルーター(インターネットに接続するための機器)を設置して、家の中のどこからでもWiFi経由でインターネットに接続できるようにする方も多い様子。
 
これは、WiFiに対応した機器(スマホやノートPC)とインターネット接続するための固定回線(光回線やケーブルテレビ会社が提供する回線など)をルーターと接続することで実現できます。

WiMAXはインターネット回線を指す言葉

一方で、WiMAXはインターネットに接続するための通信回線・通信方式そのものを指す言葉。WiMAXを契約すると、WiMAX専用の「ルーター」(小型の通信端末)を入手でき、この小型ルーターが近くにあるWiMAX基地局の電波を受信したり、相互通信することでインターネット接続が可能になるのです。
 
そして手元にあるスマホやノートPC、iPadなどのタブレットとルーターの間は無線で(つまりWiFiで)接続します。「WiFiでインターネットをしている」ように思えますが、実際にはWiFiでルーターに接続しているだけであり、インターネットはWiMAX回線を通じてしていることになります。

WiFiとWiMAXは単純比較できない!

いきなり技術的な話になりましたが、このようにWiFiとWiMAXを対等に比較することはできないのです。例えば「WiMAXのプランを契約する」と言うことはできますが、「WiFiのプランを契約する」と言うのは少し変なのです。

ただし、「ポケットWiFi」や「モバイルワイファイ」といったサービスが浸透していたりWiMAXもそのうちの1つと捉えられるので、「WiFiとWiMAXのどちらが良い?」という質問も多いのが実際のところ。

ですのでここからは、WiFiと名が付く各種の通信サービスとWiMAXの比較という形で、両者の違いを紹介していきたいと思います。

①自宅ネット環境の無線化とワイマックスの比較

戸建てやマンションなどの自宅では、光ファイバーでのインターネット通信サービスと契約したり、ケーブルテレビ会社が提供するインターネット接続プランに加入し、かつ据え置き型のWiFiルーターを設置すれば、自宅に快適なWiFiネット環境を作り出すことが可能です。

特に複数人の家族がいて家族全員でネットを使うという場合は、自宅で固定回線を契約&無線LAN(WiFi)環境の準備がおすすめ

逆に1人暮らしや夫婦2人などの場合、固定回線の契約・工事やWiFi環境準備の手間と比較して、WiMAX(ワイマックス)やポケットWiFiなどの小型ルーターを契約する方も多そうです。一般的に光回線の利用料金がプロバイダ費用も含め月額4,000円~6,000円になるのと比較して、WiMAXなら月額2,000円台でインターネット利用を開始できます。

固定回線・WiFiでのインターネット接続をおすすめするケース

自宅に安定的かつ超高速のインターネット環境が必要

自宅で仕事される方や、オンラインゲームや高画質かつ長時間の動画視聴を楽しみたい方には固定回線がおすすめ。WiMAXと比較して光ファイバーケーブルなど有線の通信回線の方が通信状態は安定していると言えます。

家族が多く、1人1台WiMAXを契約することは非経済的

WiMAXなど持ち運びができるモバイルWiFiルーターのほうが便利!と分かっていても、大人数の家族で利用するのであれば固定回線の方が経済的。

WiMAXの対応エリア外に住んでいる

日本全国の主要都市で人口カバー率99%以上と十分に接続・利用しやすいWiMAXですが、地方や山間部はまだ圏外という可能性も。その場合は、固定回線を選択せざるを得ません。

固定回線と比較して、WiMAXをおすすめするケース

固定回線の契約や開通工事などの手続き・立ち会いが面倒!

早く、手間無く、インターネット接続を開通させたい場合は、工事が不要、最短で申し込み翌日にはWiFiルーター端末を入手できるWiMAXが魅力です。

インターネットにかかる生活費用をできるだけ安くしたい!

固定回線と比較すると全般的にWiMAXの方が安い月額料金で利用できます。できるだけ費用を抑えたい方にピッタリなのがWiMAXです。

いつでもどこでもインターネットに接続できるようにしたい

外出が多い方、外出先でインターネットをよく利用される方におすすめなのがWiMAX。特にノートPCやiPadなど複数のデバイス・機器をお持ちの場合は、格段にネット接続がしやすくなるためおすすめです。

【まとめ】
都市圏で1人暮らしなどをしていて、外出先でも(ノートPCやiPad等のタブレットでも)インターネットに接続したく、かつ通信費用をできるだけ安くしたい場合、「自宅で固定回線契約&WiFiインターネット」と比較して、自宅でも外出先でも利用できるWiMAXやポケットWiFiが断然おすすめ。

②公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)とは?

WiFiを利用したインターネット接続でもう1つ検討できるのは、公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)の利用。公衆無線LAN(Wi-Fi)スポットとは飲食店やコンビニ、駅や空港などで利用可能な無線LAN(Wi-Fi)サービスのこと。
 
都市部を中心に急速に拡大・普及してきており、無料のサービスもあれば月額数百円で利用可能な有料サービスもあります。この公衆無線LANのWi-Fiを利用すれば、WiMAXが無くても大丈夫では?という考え方もできそうです。

急速に普及しているが、利用可能なWi-Fiスポットはまだ限定的

ただ、急速に拡大してきているとは言え、公衆無線LANが利用可能なWi-Fiスポットはまだまだ限定的。電波さえ届けばどこでも利用可能なWiMAXと比べると、利用可能な場所は限られます。
 
また公衆無線LANは不特定多数のユーザが使用するため、ネットワークの混雑状況により通信速度が遅くなる傾向も。その点で比較すると、WiMAXは自分専用ルーターを使って接続するため安定して利用できます。セキュリティ面で比較しても多数のユーザが使用可能なWi-Fiスポットよりも、自分しか利用しないWiMAXの方が安心です。

WiMAXやポケットWiFiとの併用が効果的

WiMAXよりも公衆無線LANを利用したWiFi接続のほうが優れているケースがあるとすれば、無料または安くインターネットを利用可能である点。例えば、通信量に制限のあるWiMAXのプランや他のポケットWiFiを利用している場合、上手にこの公衆無線LANを併用すると費用を抑えられる可能性も。
 
無料Wi-Fiスポットがある場所ではそれを利用し、公衆無線LANが使えない場所では手元のWiMAXやポケットWiFiを活用すれば、接続を変更する手間はあるものの自分のWiMAXやポケットWiFiの通信量を最低限に抑えることができます。

【まとめ】
公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)だけで、いつでもどこでもインターネット接続可能にするのは困難。むしろ、Wi-Fiスポットを上手く活用すると通信量の節約に効果的

③ポケット(モバイル)WiFiとWiMAXの比較

自宅でも外出先でも利用できるインターネット接続サービスと言えば、ポケットWiFiやWiMAX。どちらも小型のモバイルWiFiルーターを持ち歩くことで、どこでもインターネットに接続できるいう点では似たようなサービスです。
 
ただし、ポケットWiFiと言ってもdocomo系のサービスやsoftbank系のサービスがあったり、WiMAXにもUQ WiMAXをはじめとする20社以上のプロバイダがあるなどそれぞれの違いを把握しつつ比較・検討することが重要です。
 
ここでは代表的なポケットWiFiサービスを紹介するとともに、WiMAXと比較した時の違いなどを解説します。

ポケットWiFiとはYmobile(旧Emobile)の登録商標

まず厳密に言えば、ポケットWiFiとはYmobile(ワイモバイル)が登録する商標・商品名であり、Ymobileが提供するサービスの名称のこと。Ymobileとは2014年に誕生したサービスブランドで、イーモバイル(Emobile)・ウィルコム(WILLCOM)といったモバイルWiFi企業をソフトバンクが吸収合併して生まれたサービスです。
 
このためWiMAXやdocomo、softbankが提供するモバイルWiFiルーターは厳密にはポケットWiFiではありません。ただ、Ymobileが提供するポケットWiFiがいち早く世の中に出回ったため、一般的には同様のサービス全体を指して「ポケットWiFi」と呼んだり、そう理解している人が多いようです。

このため当サイトでも、モバイルWiFiルーターを使ったサービスの総称として「ポケットWiFi」という単語を使っています。

WiMAX以外の主なポケットWiFiの一覧

まずはWiMAX以外の代表的なポケットWiFiサービスを紹介します。大手携帯電話会社の中でもauの場合は公式のモバイルWiFiサービスがWiMAXとなるため、ここではdocomo系およびSoftbank系のサービスに分けて比較します。

ドコモ(docomo)系のサービス

商品・サービス名称 特徴 主なルーター機種 通信速度 月額料金
ドコモ:モバイルプラン&パケットパック docomoの4G/LTE回線を使用
データ通信にかかる費用が非常に高い
Wi-Fi STATION N-01J 受信時最大788Mbps 月間5GB/6,500円~
スマモバ(Smart Mobile Phone) docomoのLTE回線とFOMAエリアに対応
月間では使い放題だが、3日間で3GBの制限あり
通信速度も遅め
富士ソフト+F FS030W 受信時最大225Mbps 3日間3GB/3,980円

ソフトバンク(Softbank)系のサービス

商品・サービス名称 特徴 特徴・使用するルーター 通信速度 料金
ソフトバンク:4G/LTEデータし放題フラット SoftBank 4G LTEに対応
月間7GBまで、速度制限の解除には1GBあたり1,000円がかかる
Pocket WiFi 601HW 下り最大612Mbps 月間7GB/3,991円
Y!mobile(ワイ・モバイル) SoftBank 4G エリアに対応
通信スピードが遅い、速度制限の解除には500MBあたり500円がかかる
Pocket WiFi 601ZT 下り最大112.5Mbps 月間5GB/2,480円
Yahoo Wi-Fi SoftBank 4G エリアに対応
別途、Yahoo!プレミアム会員の加入が必要
通信スピードが遅い、速度制限の解除には500MBあたり500円がかかる
Pocket WiFi 506HW 下り最大112.5Mbps 月間5GB/2,480円

YmobileやYahoo Wi-Fiは安い月額料金で人気

代表的なポケットWiFiサービスの中でもソフトバンクの4G・LTE回線を利用した通信サービスである、YmobileやYahoo Wi-Fiの安い月額料金は注目すべきポイント。それぞれ月額2,000円台からポケットWiFiを利用できることから、できるだけ安い料金でモバイルWiFiルーターを入手したい場合にピッタリのサービスと言えそうです。
 
一方でドコモのモバイルWiFiサービスは非常に高額で、ソフトバンクの提供するサービスもYmobileやYahoo Wi-Fiと比較すると高い月額料金となっています。

ただし、月間の通信量が上限が5GB~7GBと少ない

YmobileやYahoo Wi-Fiの標準的なプランでは月間通信量が5GBまでという上限があり、この通信量を超過すると通信速度は128kbpsまで低速化される厳しい速度制限が発生します。WiFiルーターを使って動画を観たり、パソコンと接続して仕事などで使う予定がある場合、月間5GBの通信量を簡単に超過してしまう可能性もあるため、通信量の多い方には不向きなポケットWiFiとも言えます。

WiMAXの魅力は月額3,000円台のギガ放題

WiMAXにも月間通信量7GB制限のプランがあり、YmobileやYahoo Wi-Fiと同様で月額2,000円台から利用可能です。ただし、他のポケットWiFiと比較してWiMAXの最大の魅力と言えば月間の通信量制限のないギガ放題プランを月額3,000円台で利用できる点です。
 
YmobileやYahoo Wi-FiといったポケットWiFiにも月間無制限の料金プランがありますが、実際には無制限に通信できるエリアが限定されていたり、通常モードの通信には月間7GBまでの制限があったりと、WiMAXのギガ放題と比較すると何かと制約が多いサービスとなっています。またYmobileやYahoo Wi-Fiで通信量無制限のオプションを追加すると月額料金は4,000円台とWiMAXのギガ放題と比較して高い利用料金となります。

auユーザであれば、最大月額1,000円の割引プランも

auのケータイやスマホを利用中のauユーザであれば、WiMAXの契約と同時にauスマートバリューmineという割引プランに加入できるようになり、利用中のケータイ・スマホから最大月額1,000円が割引されます。つまり、auユーザであればWiMAXのギガ放題を月額2,000円台で利用できる可能性があるのです。

通信量が多い場合、インターネット使い放題でかつ月額費用の安いポケットWiFiがWiMAXのギガ放題以外に無いというのも、WiMAXが支持される理由の1つになっています。

都市エリアでのつながりやすさはWiMAXも他のポケットWiFiも同等

WiMAXの対応エリアは急速に拡大しており、主要都市エリアを中心に99%の人口カバー率となっています。ドコモやソフトバンクの4G・LTEネットワークと比較すると地方や山間部でつながりにくいエリアがあるものの、都市部での対応エリアは両者を比較してほぼ同等で大きな差はありません。

Softbankの4G/LTE対応エリアマップ

Softbankの対応エリア
首都圏におけるSoftbank(ソフトバンク)の対応エリアマップ。青色がアドバンスモード対応エリア。

ソフトバンク(Sooftbank)系のポケットWiFiが利用する4G・LTE対応エリアですが、首都圏ではほぼ全域が対応エリアとなっています。ただし、通信量無制限となるアドバンスオプションに対応したエリア(青色)は限定的であることが分かります。

WiMAXの対応エリアマップ

関東地方のサービスエリアマップ
東京都内を含む、関東地方のWiMAX2+サービスエリアマップ。ピンク色のエリアが下り最大440Mbps対応エリア。

WiMAXもソフトバンクの4G/LTEと同様、首都圏ではほぼ全域が対応エリアとなっています。WiMAXのギガ放題を契約すればこの対応エリア内でのすべてのインターネット通信を月間通信量の制限なく利用可能になるのです。

通信速度の比較でもほとんど差はなし

あくまで理論値ですが、例えばソフトバンクのポケットWiFiが下り(ダウンロード)の通信速度が最大612Mbpsと謳われているのに比較して、WiMAXは下りの通信速度は最大708Mbpsと、どちらもは固定回線(光回線など)と変わらないほどの速度でインターネットに接続できるサービスです。

【まとめ】
対応エリアの広さやつながりやすさ、通信速度を比較してもポケットWiFiとWiMAXの間に大きな差が無いことから、比較のポイントは月間の通信量と料金であり、その点で他のポケットWiFiを大きく上回るのがWiMAXのギガ放題なのです。特にauユーザーであればWiMAXで決まり!

さまざまな「WiFi」の名が付くサービスとWiMAXを比較してみましたが、いかがでしたか?いずれのサービスも一度契約するとしばらく加入を続けなければならないことから、慎重に比較・検討して決定したいところ。ただ、大容量(無制限)の高速インターネットを、いつでもどこでも利用したい!のであれば、他のポケットWiFiよりもWiMAXがおすすめというのがこのページの結論です。
 
当サイトではさらに詳しくWiMAXとポケットWiFiなど他のインターネット接続サービスとの比較をしています。他のコンテンツもぜひご覧ください!

【WiMAXとポケットWiFiの比較に関連した記事】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!