評判・スペックは?WiMAXルーター端末・W04とW05の比較

評判・スペックは?WiMAXルーター端末・W04とW05の比較

W04

2017年2月に販売が開始されたWiMAXのルーター端末『Speed Wi-Fi NEXT W04』。縦型・スティック型の形状や、鮮やかなグリーンのデザインが特徴です。このページでも紹介する最新機種・W05の1つ前の機種です。

多くのWiMAXプロバイダが新規契約時に無料提供しているルーター端末の1つであるW04はW05と同様、Huawei(ファーウェイ)社製の機器。従来機種のW03やWX03と比較して通信速度やルーターの便利機能など性能が大きく向上した端末として人気のあるWiMAXのルーター端末です。

このページではW04の機能やスペックを詳しく紹介、2018年1月に販売が開始されたWiMAXルーターの最新機種・W05と比較してどっちがおすすめかについて解説します。

徹底レビュー!WiMAXのルーター端末・W04の特徴・スペック

前機種W03からの進化形でもある、Huawei(ファーウェイ)社製のWiMAXルーター端末『Speed Wi-Fi NEXT W04』。通信速度やバッテリーについてはもちろん、知っておきたい機能や特徴が多数あるハイスペックなルーター端末です。まずはW04の特徴やスペックをレビューします。

WiMAX2+とauの4G/LTE回線、2つの通信モードを使えるW04

WiMAXのルーター「W04」は、前機種W03と同様、WiMAX2+の通信回線とauの4G/LTE回線の2つの通信回線・通信モードに対応したルーター端末です。WiMAX2+回線を使用する「ハイスピードモード」が標準の通信モードで、ギガ放題プランを契約すると月間通信容量の制限無く使い放題となるモード。
 
一方、auのLTE回線を利用する通信モードは「ハイスピードプラスエリアモード」と呼ばれ、WiMAX2+が圏外のエリアでもauのLTEネットワーク対応エリア内であればインターネット接続が可能となる通信モード。WiMAX2+の電波が比較的弱い地方や建物の屋内などで活用したい便利な通信モードです。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモード利用にあたっては、契約内容により1,005円のLTEオプション利用料が発生する場合もあります。またギガ放題プランを契約中でもハイスピードプラスエリアモードでの通信は月間7GBまでの制限があり、通信量には注意が必要です。

W04の通信速度は下り最大708Mbps、上り最大37.5Mbps

1世代前のWiMAXルーターであるWX03では下り最大440Mbps、W03では370Mbpsといった最大通信速度と比較して、W04ではWiMAX2+の通信速度が大きく向上。4×4MIMO技術とCA技術の2つにより、データの受信(下り)速度が最大708Mbps、送信(上り)速度が最大37.5Mbpsとなっています。

自宅用のインターネット固定回線であるフレッツ光などの光回線が下り最大1Gbpsであるのと比較しても遜色ないレベルまでWiMAXの通信速度は向上してきていると言えます。

バッテリー時間(連続通信時間)減少はWX03やW03に劣るデメリット

こちらはW04のデメリットですがWX03やW03などの従来機種と比較して、バッテリーを100%充電した状態からの連続通信時間や連続待受時間が減少しました。ただし、減少とは言えW04の連続通信時間は約10時間、連続待受時間も約850時間とWiMAXの通常利用では支障がないレベルと考えられます。

バッテリー消費をセーブできる通信パフォーマンス設定が可能に

WiMAXの通信パフォーマンス設定WiMAXの連続通信時間は減少したものの、W04からバッテリー消費をコントロールできる通信パフォーマンス設定機能が新搭載。状況に応じてバッテリー消費を抑える省電力設定(バッテリーセーブモード)が可能となり、自動電源オフ機能(※)と合わせて、W04ルーターをさらに長時間利用できます。
※設定した時間内に通信が無い場合、自動で電源がOFFになる機能。

通信速度が遅い場合はハイパフォーマンスモードに設定

バッテリーセーブモードの設定では、ルーターはWiMAXの通信速度を抑えることでバッテリー消費を下げます。逆にハイパフォーマンスモードは通信速度を重視するモードでバッテリー消費は早くなる分、通信速度は上がります。
 
通信速度が遅い場合やルーターを充電できる環境にいる時には積極的にハイパフォーマンスモードを設定、活用するのがおすすめで、十分な速度でインターネット通信ができそうです。

携帯しやすく、手にもなじみやすいスティック型のデザイン

手に馴染みやすいデザイン従来のWiMAXルーター機種と比較するとW04は横幅がスリムで、手になじみやすい縦型のデザイン。カバンやポケットなどに入れやすいサイズで、携帯しやすいのが特徴です。重量も140グラムと他のモバイルWiFiルーターと比較して同程度の重さです。

W04の操作イメージルーター本体の画面も縦横スクロール操作に統一することで、持ちやすさだけでなく操作性も追求された端末で、片手での操作もできます。

スマホをルーター本体にかざすだけでWi-Fi設定を完了できる

Wi-Fi接続設定NFC機能(近接型の無線通信方式)に対応したスマホ機器であれば、ルーター本体にかざすだけでネットワーク名(SSID)と暗号化キー(パスワード)を読み取ることができ、入力しなくてもWi-Fi接続設定が完了します。(※)

(※)NFC機能があるAndroid™4.4以降のスマートフォンおよび一部の機器ではHUAWEI Hi-Linkアプリを別途ダウンロードする必要があります。スマホ機器をルーターにかざした際、必要に応じて自動的にアプリのダウンロードURLが表示されます。

充電器としても利用可能な専用クレードルで屋内でも快適に通信

外出先ではモバイルルーターとして、室内では専用クレードル(別売/Amazonなどで購入可能)にセットすればホームルーターとして、複数台での同時接続が可能ですので家族・友人と一緒にWiMAXを利用可能です。
 
またクレードルをコンセントに接続した状態でW04を設置すれば、自動的にルーターに充電もされるので便利です。ただし、WX03専用クレードルに搭載されているような補助アンテナはないため、電波受信感度の向上はそれほど見込めない点にご注意ください。

「Speed Wi-Fi NEXT W04」の仕様・スペック

商品名 Speed Wi-Fi NEXT W04
製造元・メーカー HUAWEI TECHNOLOGIES CO.LTD
通信方式 WiMAX 2+、au 4G LTE
最大通信速度 下り最大440Mbps/上り最大30Mbps
サイズ 約130(高さ)×53(幅)×14.2(奥行き)mm
重量 約140g
バッテリー容量 2,750mAh
充電時間 約120分(別売のTypeC共通ACアダプタ01U使用時)
カラーバリエーション 2色(グリーン、ホワイト)
同時接続台数 最大10台(Wi-Fi)/3台(Bluetooth)
連続通信時間
(ハイスピードモード:WiMAX2+使用)
ハイパフォーマンスモード:約390分
ノーマルモード:約540分(デフォルト設定)
バッテリーセーブモード:約630分
連続通信時間
(ハイスピードプラスエリアモード:WiMAX2+、LTE使用)
ハイパフォーマンスモード:約260分
ノーマルモード:約390分
バッテリーセーブモード:約550分
連続待受時間 デフォルト設定(休止状態):約850時間
クイックアクセスモード設定時(ウエイティング):38時間
インターフェース USB 3.0 High Speed(Type-C USB端子)
同梱物 USB3.0TypeC-A変換ケーブル(試供品)
充電ケーブル

最新機種・W05と比較してどっちがおすすめ?

ここまでWiMAXのモバイルルーター端末・W04について説明しましたが、W04がさらに進化した『W05』が2018年1月に販売開始されました。結論で言うと、W04よりもW05の方が圧倒的におすすめです。W04とW05を比較すると、機能・通信速度の面でW05の方が上回るからです。

W05とW04のスペック比較

W05、W04ともにHuawei(ファーウェイ)社製のWiMAXルーターということもあり大きな差が無いのですが、注目すべきは通信速度です。

W05 WiMAXルーター W04
製品イメージ
2018年1月 販売開始 2017年2月
708Mbps 下り通信速度(最速) 708Mbps
75Mbps 上り通信速度(最速) 37.5Mbps
au 4G/LTE対応
WiMAX2+対応
× WiMAX対応 ×
130×55×12.6 mm 横×奥行き×高さ 130×53×14.2 mm
131g 重量 140g
約9時間 連続通信 約10時間
850時間 連続待受(休止モード) 850時間

Wから始まる機種はHuawei社製、WXから始まる機種は国産NEC製

WiMAXのルーターにはW05やW04のように「W」から始まる機種と、WX04やWX03のように「WX」が付く機種の2通りがあります。Wから始まる機種は中国企業であるHuawei(ファーウェイ)社製の端末を意味し、WXから始まる端末は国産NEC製を意味します。

W05とW04の最大の違いは上り最大通信速度

比較表の通りですが、W05とW04の比較で最大の違いはWiMAXの上り通信速度。上り最大が37.5MbpsのW04に対して、W05は上り最大速度が75Mbpsと2倍に向上。上り通信は、メール・ファイルの送信や写真・画像のアップロードなどの際の通信。この上り通信の速度が2倍になるということは、それだけスムーズにファイルの送信やアップロードが行えるという意味です。

ハイスピードエリアモードへの対応や下りの最大速度は同じ

その他、ダウンロード時の通信である下り通信の最大速度はW05とW04で変わらず、またWiMAX2+の通信回線に加えてauの4G/LTE回線を使用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードの対応も変わりません。

最新機種(W05)ほど細かな機能が改善しているのもおすすめ理由

スペック上の大きな変化はないもののルーター本体の操作の使い勝手なども含め、細かな点も機能が改善しているのは最新機種のW05です。W05から新たに搭載された新機能も紹介します。

W05からの新機能「Wi-Fiお引越し機能」

ルーターの機種変更で大変なのが、スマホやノートPCなどの設定変更。WiMAXのルーターが変わるとWi-Fi接続情報(SSIDや暗号化キーなど)の設定変更が必要で、接続機器台数の多い方ほど面倒な作業。ところがW05から搭載された新機能「Wi-Fiお引越し機能」を使うとこの再設定が不要に。従来機種の設定情報をW05が引き継ぐため、スマホやノートPCでの設定を変更せず、すぐにW05の利用を開始できます。

iOSでのWi-Fi設定が簡単になる「QRコードの読み取り機能」

面倒だったiPhoneやiPadなどiOSでのWi-Fi接続設定がW05からは簡単な方法に。これはW05ルーターの画面上に表示されるQRコードを読み取るだけで接続設定が行えるという機能。W04機種まではAndroidのみの対応でしたが、W05からはiOSでもQRコードを使って簡単に接続設定が可能になりました。

W05はW04と比較して約1.5mm薄型化、さらに軽量に

こちらは機能ではありませんがW05とW04の比較の違いとして挙げられるのが、W05のスリムな形状・デザイン。W04と比較して約1.5mm薄型になり、約10g軽量になっている点は、持ち運びを目的としたモバイルルーターとして進化しているポイントです。

どちらの端末もWiMAX新規契約時に無料提供するプロバイダが多数

多くのWiMAXプロバイダでは、新規契約時にW05やW04などのルーター端末を無料提供しています。またすでにW04を取り扱っていないWiMAXプロバイダも一部ありますが、同じ無料であればスペックの高いW05を選ぶのがが断然おすすめ
 
たまにW04はキャンペーン対象だが、W05はキャンペーン対象外というプロバイダもありますが安易にW04にすると後で後悔することもあるため注意が必要です。通信速度や便利機能を考えると、WiMAXのルーターは最新機種・W05が圧倒的におすすめです。

W04とW05:利用者による評判・口コミの比較

実際にWiMAXを利用中の方でルーター・W04機種やW05機種を使用している人はどんな感想を持っているのでしょうか?利用者によるW04・W05それぞれの端末に対する評判や口コミを調査・比較してみましたので紹介します。

W04利用者による評判・口コミ

実測速度も問題ないとの評判

固定回線よりも速いとの口コミも

W04のグリーンのデザインも好評の様子

W05の評判も十分、良い口コミが多い様子

いかがでしたでしょうか?WiMAXのルーター端末・W04の特徴やスペックを中心に、最新機種・W05との比較や利用者による評判・口コミ情報も紹介しました。

WiMAXのルーター端末は、販売時期の新しい最新機種ほど機能・スペックが進化しており、現時点では最新機種のW05が一番のおすすめ

ほとんどのWiMAXプロバイダでは新規契約時にW05を無料提供しているため、重要なのは最新の料金プランやキャンペーン内容。ルーター最新機種・W05のレビューも含めて最新のWiMAX比較にまつわることなら、ぜひ当サイトの情報を活用ください!

【WiMAXの最新情報は当サイトで!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!