UQ WiMAXの料金プランやキャンペーン~他プロバイダとの違いは?

UQ WiMAXの料金プランやキャンペーン~他プロバイダとの違いは?

UQ WiMAX
20社以上あるWiMAXプロバイダの本家とも言うべき存在で、WiMAX通信回線を運用するUQコミュニケーションズ社が提供するプロバイダサービス「UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」
  
認知度が高く、UQコミュニケーションズ社が直接運営するサービスということもあり、UQ WiMAXでWiMAXを契約するのが一番良いと考える方も多いようです。確かに他のプロバイダと比較して、問い合わせに対するサポート体制が充実しているなどのメリットもあるのですが、料金やキャンペーン面ではUQ WiMAXよりも他プロバイダの方がおすすめで、金額メリットが大きいことをご存知ですか?
 
そこでこのページではUQ WiMAXのサービス・料金プランを他のプロバイダと比較、UQ WiMAXで契約することの利点やメリット、逆にUQ WiMAXのデメリットや契約に際しての注意点などを徹底的に比較・解説します。

ワイマックスの本家!UQコミュニケーションズはどんな会社?

WiMAXやWiMAX2+の通信回線を運用するUQコミュニケーションズは、WiMAXの基地局を設置したり通信網を管理・整備などを行う通信事業者。またUQコミュニケーションズは携帯キャリアのauを含むKDDIグループの企業でもあり、WiMAXサービスとauの間にはさまざまな割引プランもあります。

UQ WiMAXはMNO、その他のプロバイダはMVNO

WiMAX2+通信回線を保有するUQコミュニケーションズですが、「UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」というプロバイダサービスも提供しています。また同時に20社以上の会社がUQ WiMAXと同様のWiMAX2+を利用したインターネット接続サービスを提供しています。
 
自社で保有する通信回線を利用して通信サービスを提供する事業者をMNO、他社の通信回線を使って通信サービスを提供する事業者をMVNOと呼びますが、WiMAXではUQ WiMAXがMNOでありプロバイダサービスの本家にあたる存在で、他のプロバイダはすべてMVNOという位置づけです。

auの4G/LTE回線に対応!UQ mobile(ユーキュー・モバイル)

UQコミュニケーションズ社はWiMAX以外にも格安SIM・格安スマホサービスを運営しています。「UQ mobile(ユーキュー・モバイル)」は、auの4G/LTE通信回線を利用した格安SIM・格安スマホのサービスで、通信キャリアよりもはるかに安い利用料金で電話・インターネット通信を利用できる人気のサービス
 
iPhoneなどの各種スマートフォンに対応しているほか、他社から電話番号を引き継げるMNPにも対応しているため、UQ mobileに乗り換えるだけで携帯電話料金を節約できるケースも。キャンペーンも豊富で、電話はUQ mobileでインターネットはWiMAXでというユーザも増えているようです。

UQ WiMAXで契約するメリットとデメリット

20社以上あるWiMAXプロバイダの本家とも言えるUQ WiMAX。このUQ WiMAXと契約するのか、他のWiMAXプロバイダと契約するのか、どちらかお得なのかはみなさん悩むところ。何となく本家だから安心、という理由で安易に契約してしまうと損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

ここからはUQ WiMAXの特徴やメリットをしっかり理解できるよう、1つ1つのサービス内容を他のプロバイダと比較していきたいと思います。

問い合わせサポート体制が万全!な点はUQ WiMAXの特徴・メリット

本家UQ WiMAXだけに問い合わせに対するサポート体制は、他のWiMAXプロバイダよりも万全な点が特徴。電話での問い合わせサポートは土曜・日曜や祝日も含めて毎日9:00~21:00と年中無休で対応、いつでも問い合わせをできる安心感があります。
 
またWEBのサポートサイトも評判で、各ルーター機種のマニュアルやリアルタイム更新の障害・メンテナンス情報など、内容が非常に充実。ただし、このUQ WiMAXのWEBサイトの情報は他プロバイダと契約中でも利用可能なので、すべてのWiMAXユーザー向けのサポートサービスとも考えられます。

公衆無線LANサービス・UQ Wi-Fiプレミアムを無料で利用可能

UQ WiMAXの契約者限定のメリットが、UQコミュニケーションズが運営する公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」を無料利用可能な点。東海道新幹線車内のほか、東京都内の地下鉄駅構内(一部)など多数のWi-Fiスポットがあるほか、自分のルーターの通信量にカウントされない通信になるため、安心して大容量のインターネット通信ができる点は大きなメリットです。

他プロバイダと比較して月額費用が高い、キャンペーンもイマイチ

UQ WiMAXだけの特徴やメリットを紹介しましたが、重要なのはWiMAXサービスの料金や費用。ここでは、当サイトでおすすめの人気WiMAXプロバイダ・Broad WiMAXの月額料金プランやキャンペーン内容と比較してみます。

Broad WiMAXとUQ WiMAXの料金・プラン内容の比較表

Broad WiMAX(ブロードワイマックス) プロバイダ UQ WiMAX
Broad WiMAX UQ WiMAX
・最新機種を含む全端末無料
・WEB申し込み、クレジットカード払いで初期費用18,857円割引
・当サイト経由の申し込みでAmazonギフト券1万円プレゼント!
キャンペーン ・10,000円キャッシュバックキャンペーン(3年契約、かつW04/L01s/WX03端末限定 ※WX04の場合は5,000円キャッシュバック、W05は対象外
・UQ Wi-Fiプレミアム(公衆無線LAN)を無料で利用可能
2,726円 月額基本料金(月間7GBプラン) 3,696円
3,411円 月額基本料金(ギガ放題) 4,380円
98,336円* 3年間の料金総額(月間7GBプラン) 126,056円*
120,941円* 3年間の料金総額(ギガ放題) 148,628円*
クレジットカード/口座振替 支払方法 クレジットカード/口座振替
W05、WX04、HOME L01s 提供ルーター W05、WX04、W04、WX03、HOME L01s
最短即日発送、Broad WiMAX店舗での受け取りの場合は当日から利用可能 最短利用開始日 おおむね1週間以内に到着
1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目:9,500円
38ヶ月目以降:9,500円
解約金・契約解除料 ※Broad WiMAXと同じ
メールでの問い合わせ以外にも、電話での問い合わせには11:00 ~18:00(月~土/年末年始は除く)で対応 問い合わせサポート メールでの問い合わせ以外にも、電話での問い合わせに毎日9:00~21:00(年中無休)で対応
株式会社リンクライフ 運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社
*総額はAmazonギフト券のプレゼント分を含めて計算しています。 その他 *総額はキャッシュバック1万円分も含めて計算しています。
*端末代金が原則として有料(2,800円)

月間データ通信量7GBのFlatツープラスもギガ放題も高額料金

UQ WiMAXの料金プランは月間データ通信量7GB制限のFlatツープラスと、月間通信量無制限のFlatツープラス・ギガ放題の2つで、それぞれ月額3,696円、4,380円と、20社以上あるプロバイダの中で最も高額なレベルの料金
 
またキャンペーンも特典金額1万円のキャッシュバックのみ、かつルーター最新機種は適用対象外などあまり魅力的ではない内容です。

Broad WiMAXの方が安い月額利用料金で評判が良い

UQ WiMAXの月額利用料金と比較して毎月1,000円近く安いのがBroad WiMAXの月額費用で、Broad WiMAXは他のプロバイダと比較しても安い月額料金で評判の良いプロバイダ。契約期間3年のトータル費用で比較しても、2万円から3万円、UQ WiMAXの方が高くなります
 
サポート体制の充実度や、UQ Wi-Fiプレミアムが無料で利用できるなどのメリットはあるものの、費用・料金の面ではBroad WiMAXの方が圧倒的に安いというのが比較の結果です。

最大4万円のキャッシュバック特典金額が人気のGMOとくとくBB

またWiMAXプロバイダの中でも特にキャッシュバックキャンペーンの特典金額が大きくて人気なのはGMOとくとくBB。キャッシュバック特典の受け取りが契約開始の約1年後など制約は多いものの最大4万円のキャッシュバックを受け取り可能で、それと比較するとUQ WiMAXのキャッシュバック金額は非常に物足りなく感じます

本家ということもありUQ WiMAXは極端なキャンペーンや料金の値下げをしづらく、結果的に料金が他のプロバイダと比較して高額となっているのです。

UQ WiMAXでの契約はルーター端末が有料となる点もデメリット

W05ルーター
2018年1月発売のW05ルーター。
多くのプロバイダが無料提供しているが、
UQ WiMAXは有料。

さらにUQ WiMAXで契約するとルーター端末が無料とはならず、自分が希望する機種を購入しなければなりません。価格は2,800円と高額ではありませんが他のプロバイダの多くは、WiMAXのルーター最新機種も含めて無料提供していることを考えると、この点はUQ WiMAXで契約することのデメリット。

おすすめ機種は下り最大708Mbps対応のモバイルルーター・W05

WiMAXルーターのおすすめは、下り最大速度708Mbps、上りも最大75MbpsとWiMAX史上最速のモバイルルーター・W05。多くのプロバイダがこのルーター最新機種・W05を新規契約時に無料で提供していますが、UQ WiMAXの場合は有料となる上、1万円のキャッシュバックキャンペーンの適用対象外である点に注意が必要です。

通信・速度制限、auスマートバリューの適用は他プロバイダと同じ

UQ WiMAXと他のWiMAXプロバイダを比較して何が違いなのか、疑問に思われる方も多い様子ですが、ここまで説明した料金プラン・キャンペーン以外の点ではほとんど違いが無いのです。例えば通信制限や速度制限などの条件を比較して、UQ WiMAXだから有利ということはなく、他のプロバイダと原則として同等です。
 
月間7GB、3日間で10GBなどの通信量制限はどのプロバイダと契約しても同じで、超過した場合の速度制限ルールも、UQ WiMAXを含むWiMAXプロバイダの間で違いは無く、UQ WiMAXだから通信制限が緩いということも無いのです。

UQ WiMAXは速い?他のプロバイダは遅い?スピードの違いは?

通信速度も同じで、UQ WiMAXと他のプロバイダの間で違いはありません。そもそもUQ WiMAXもその他のプロバイダも、提供するのは同じWiMAX2+回線を利用したインターネット接続サービス。同じ通信回線のため、理論上、速度差がでることはなく、“UQ WiMAXの方が通信スピードが速い、他のプロバイダは遅い”などは無いのです。

UQ WiMAXはauスマートバリューmineの適用対象

またauのケータイ・スマホと契約がある場合、UQ WiMAXで契約するとauスマートバリューmineによる割引を利用可能となり、毎月最大1,000円がauの利用料金から割引されます。一部WiMAXプロバイダが適用対象外であるものの、多くのプロバイダが適用対象でWiMAXプロバイダで共通のメリットです。

ハイスピードプラスエリアモード利用のLTEオプションが3年契約で無料

この点もUQ WiMAXと他のプロバイダで共通する点ですが、WiMAXを3年契約するとauの4G/LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードを無料利用可能です。以前までは2年契約が主流で、2年契約の場合はハイスピードプラスエリアモードを利用した月のみ1,005円のLTEオプション料金が追加請求されました。
 
現在はほぼすべてのプロバイダが3年契約をメインにしており、その特典としてLTEオプションを無料提供しています。

WiMAX対応エリアの確認方法と便利な無料お試しサービス

WiMAXの対応エリアは着々と拡大していますが、その様子はUQ WiMAXのWEBサイト上でも確認できます。ただ、エリア拡大していると言っても自分の利用場所がエリア内であるとは限らないもの。契約してから「圏外でつながらない!」ということが無いよう、契約前にエリア内かエリア外かをしっかり確認することが重要です。
 
UQ WiMAXでは、WiMAX2+の対応エリアマップをWEBサイトで公開しているほか、対応エリアを確認するための便利なサービスも提供しています。

丁目・番地まで入力、圏内・圏外を判定!ピンポイントエリア判定

ピンポイントエリア判定

UQ WiMAX上のエリア確認メニューでは、住所の丁目・番地までを指定して圏内か圏外かを判定する「ピンポイントエリア判定」サービスを行っています。判定結果が「◯」であれば問題なく、「圏外」となればWiMAXの利用は難しいエリア。またピンポイントエリア判定の結果が「△」の場合、実際にルーター端末を使って電波状況を確認するのがおすすめで、それには次に説明するTry WiMAXが役立ちます。

ルーター実機を無料レンタルしてお試しできる!Try WiMAX

「エリア判定だけでは不安」「どれくらいの通信速度が出るのか試してみたい」
そんなニーズに応えるのがUQ WiMAXの「Try WiMAX」。ルーター端末の実機をレンタルして2週間、無料でお試しができるサービスです。無料レンタルではあるものの保証としてクレジットカード登録が必要ですが、レンタルするルーター機種を指定でき、自分が契約・購入を考えているルーター端末を試すことが可能です。
 
これらのピンポイントエリア判定やTry WiMAXは、UQ WiMAXで契約しなくても(他のプロバイダとの契約を検討中でも)利用可能なサービスです。契約前の不安を無くすのに、ぜひ積極的に活用してみてください。

契約後の機種変更や解約手続きについて

最後に、UQ WiMAXで契約した場合の契約後の機種変更手続きや解約手続きの内容について確認しておきます。

ルーター機種の変更は可能?

WiMAXのルーターは新しい機種が次々と発売されています。もちろん、機種が新しくなるごとに機能や通信速度も向上しているので、契約後に新しい機種に変更したいこともありそうです。
 
UQ WiMAXも含め、ほとんどのプロバイダで契約後の機種変更を受け付けていますが、契約期間に応じた機種変更代金が発生します。UQ WiMAXの場合、契約開始後1年以内の機種変更には2万円、1年から1年半では1万2千円の機種変更代金が必要となりますが、契約開始後1年半を過ぎると格安もしくは無料で機種変更が可能になります。

解約手続きは電話もしくは書面で

UQ WiMAXとの契約期間中に途中解約したい場合は、電話もしくは書面での手続きが必要です。問い合わせサポート窓口に電話をするか、所定の書面をUQ WiMAXのWEBサイトからダウンロードの上、必要事項に記入して郵送します。なお、インターネット上での解約は受け付けていません。また解約に伴って発生する解約金・契約解除料は、他のプロバイダと同等です。

いかがでしたでしょうか?数あるWiMAXプロバイダの中の1つとして、UQ WiMAXのサービスを解説してみました。もちろん本家WiMAXサービスという安心感はあるものの、最も重要な料金の面でUQ WiMAXの魅力度は低く、他のWiMAXプロバイダと比較すると高い利用料金を支払う必要があるため、当サイトとしてはUQ WiMAXとの契約はあまりおすすめしていません。

UQ WiMAXを含む、他のWiMAXプロバイダのキャンペーン情報や料金比較は、常に当サイトのトップページ上で更新してお届けしています。プロバイダによりキャンペーンの特典や月額利用料金はさまざま。ぜひ、他のプロバイダのサービス内容も確認し、あなたにピッタリのプロバイダを見つけてください!

【プロバイダ20社以上の料金・キャンペーンを比較!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!