【比較】本家UQWiMAXとBroadWiMAXなど各プロバイダの違い

【比較】本家UQWiMAXとBroadWiMAXなど各プロバイダの違い

Broad-vs-UQ

ポケットWiFiを契約しようとWiMAXを調べ始めると、UQ以外にもBroadやGMOとくとくBB、So-netなどさまざまな“〇〇 WiMAX”があり、「WiMAX(ワイマックス)ってUQだけじゃないの?違いは何?!」と混乱する方も。
 
WiMAXとはUQコミュニケーションズ社が管理・運営する通信回線なのですが、WiMAXの接続サービスを提供する会社は20社以上あります。これがUQWiMAX(ユーキュー・ワイマックス)やBroadWiMAX(ブロード・ワイマックス)など“〇〇 WiMAX”といったプロバイダと呼ばれるもの。WiMAXを利用する場合、プロバイダのどれか1つと契約をする必要があります。
 
ここではUQ WiMAXやBroadWiMAXなどの各WiMAXプロバイダの違いを料金やキャンペーン、サービス内容の点で比較し、どこが本当におすすめのプロバイダかを検証します。

GMOとくとくBB、So-net、Broad…各プロバイダとUQ WiMAXの違い

WiMAXには「GMOとくとくBB」や「So-net WiMAX 2+」、「BroadWiMAX」(ブロードワイマックス)といった“〇〇 WiMAX”という名称のサービスが多数あります。これらはすべてプロバイダサービスと呼ばれるもので、どのプロバイダもWiMAXの通信回線を利用したインターネット接続サービスを提供している点で同じで違いはありません。

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」とも言える存在
UQコミュニケーションズ社のUQ WiMAX

またUQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)がよく知られていますが、これもプロバイダサービスの1つ。他のプロバイダとの違いは、WiMAXの通信回線を維持・管理しているUQコミュニケーションズ社が提供するサービスである点。UQコミュニケーションズはWiMAX通信設備の管理に加え、一般利用者向けのプロバイダサービスも提供しており、UQ WiMAXはプロバイダの「本家」という存在です。

BroadWiMAXなど“◯◯ WiMAX”の会社(代理店)はMVNO

BroadWiMAX
BroadWiMAX(ブロードワイマックス)は
WiMAXのプロバイダ(MVNO)の1つ

一方、BroadWiMAXやGMOとくとくBB、So-net WiMAX 2+など“◯◯ WiMAX”という名称でサービスを提供する会社・事業者はMVNOと呼ばれます。MVNOとは自社で通信設備を持たず他社のインフラを使って通信サービスを提供する「代理店」のような存在で、どのWiMAXプロバイダもUQコミュニケーションズ社のWiMAX回線を利用するインターネット接続サービスを提供している点で違いはありません。

格安SIM・格安スマホなどと考え方は同じ

MVNOという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、格安SIMや格安スマホと考え方は同じ。例えば「ドコモ回線を利用した格安SIM」サービスを提供する会社がありますが、これもMVNO。通信回線は自社で保有しておらず他社(ドコモ)の通信回線を使って携帯電話・スマホ用のSIMサービスを提供しています。

ドコモやUQ WiMAXなどの事業者は通信設備を維持・管理するコストが必要なため利用者向けのサービスも比較的高い料金となりがちですが、WiMAXのプロバイダや格安SIMを提供するMVNOは通信サービスの提供に特化しているため、安い料金でサービスを利用できるのです。

BroadもUQも利用する通信回線が同じでエリアや速度に違いは無い

WiMAXの契約先プロバイダが代理店であるBroadWiMAXだろうと、本家UQ WiMAXだろうと、利用するサービスはWiMAX通信回線を利用したインターネット接続サービス。つまり同じ通信回線を利用する以上、対応エリアや通信速度、利用するルーター端末に違いは無いのです。
 
「どっちのプロバイダが繋がりやすい?」「どの会社が一番速度が速い?」という比較・検討の必要が無く、UQ WiMAXが圏内であればBroadWiMAXと契約しても圏内で、UQ WiMAXの速度に満足であればBroadでも同じ速度

WiMAXの契約プロバイダを選ぶ際、エリアや通信速度の違いを気にする必要はありません。UQやBroadなどプロバイダにより違うのは月額料金のプランやキャンペーン、サポートなどのサービス内容だけです。

UQ WiMAXとBroadWiMAXの料金プラン・サービス内容の違い

UQ WiMAXでもBroadWiMAXでも通信サービスそのものには違いが無いため、数多くある“◯◯ WiMAX”の比較で重要なのは月額料金プランやキャンペーンの内容、またサポート体制など通信以外のサービス内容の違い。
 
ここからは毎月支払うWiMAXの月額料金や新規契約時に利用可能なキャンペーンの内容、ルーター端末価格などの点で、UQ WiMAXとBroadなど他のプロバイダの違いを比較します。

他社との比較で本家UQ WiMAXの月額利用料金が高い点は大きな違い

WiMAXには月間通信量7GB上限のプランと、月間通信量無制限のギガ放題プランの2つの料金プランがありますが、いずれのプランでの契約でもUQ WiMAXの月額料金はBroadなどの他のWiMAXプロバイダと比較して高い点が大きな違いであり、注意が必要です。
 
本家と聞くと安心ですがUQ WiMAXの料金は高く、WiMAXを安い月額料金で利用したい場合はBroadWiMAXなど他のプロバイダがおすすめです。

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)とUQ WiMAXの料金プラン比較

月間7GB制限とギガ放題の2つの料金プランを比較するとどちらも月額で約1,000円ほどUQ WiMAXの方が高く、契約期間を3年とすると総額費用で3万円前後、BroadWiMAX(ブロードワイマックス)の方が安い料金で利用できます。

BroadWiMAX
(ブロードワイマックス)
プロバイダ UQ WiMAX
(ユーキューワイマックス)
BroadWiMAX UQ WiMAX
2,726円 月額料金(月間7GBプラン) 3,696円
98,336円 3年間料金総額(月間7GBプラン) 136,056円
3,411円 月額料金(ギガ放題プラン) 4,380円
120,341円 3年間料金総額(ギガ放題プラン) 148,628円
当サイト限定Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン適用 備考 1万円のキャッシュバックキャンペーン適用(ただし、ギガ放題プランのみ

3年契約でLTEオプションが無料である点は同じ

UQ WiMAXでもBroadWiMAXでも、3年契約プランで申し込みするとLTEオプションが無料になります。これはauの4G/LTE回線を使用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードを利用可能なオプションで、3年契約ではオプション料金無しで利用できます。また他の多くのWiMAXプロバイダも同様にLTEオプションを無料提供しています。

月間7GB制限やギガ放題の3日10GB制限などの速度制限も違い無し

UQ WiMAXやBroadWiMAXなどのプロバイダ間で料金プランに違いがあるものの、月間7GBプランで規定の通信量を超過した際の速度制限や、ギガ放題プラン契約中でも3日で10GB以上の通信量で発生する速度制限などのルールは共通で、どのプロバイダでも違いはありません。

UQ・BroadWiMAXともに口座振替での料金支払い方法に対応

多くのWiMAXプロバイダで利用料金の支払い方法がクレジットカードのみであるのと比較して、UQとBroadは口座振替での料金支払い方法も可能なプロバイダ。クレジットカード以外の支払い方法でWiMAXを利用する場合、UQ WiMAXとBroadWiMAXに加えBIGLOBEの3社程度が複数の支払い方法に対応する契約先候補。中でも月額料金プランが安いのはBroadWiMAXになります。

どちらもauのスマートバリューmineを申込み可能

auの携帯電話やスマートフォンの契約がある場合、WiMAXの契約と同時にauスマートバリューmineと言う割引制度に申し込み可能となります。これはauの利用料金から毎月最大1,000円が割引されるサービスで、auユーザーにとって大きなメリット。一部のWiMAXプロバイダが対象外である点に注意が必要ですが、UQ・Broad契約者は適用対象です。

途中解約時にかかる契約解除料は多くのプロバイダで違い無し

2年や3年の契約期間の途中でWiMAXを解約する場合、解約金や契約解除料の支払いが必要ですが、解約金の金額は多くのWiMAXプロバイダで共通でUQ WiMAXとBroadWiMAXを比較しても違いはありません
 
最近は3年契約がWiMAXの主流であり、契約1年目の解約には19,000円、2年目の解約には14,000円、3年目以降更新月以外の解約には9,500円の解約金・契約解除料がかかるというのが、WiMAXプロバイダ共通のルールです。

UQ・BroadWiMAXともに新規契約対象のキャンペーンを実施中

料金プランと同様、プロバイダにより違いがあるのがWiMAXの新規契約対象キャンペーン。UQ WiMAXは現金1万円のキャッシュバックキャンペーンを、BroadWiMAXは当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンをそれぞれ実施中です。

プロバイダによってキャッシュバック金額が異なったり、特典受け取りの手間や方法に違いがあるため、料金プランの比較の次に重要なのがキャンペーン比較です。

他のWiMAXプロバイダ(GMOとくとくBBやSo-netなど)が実施する数万円のキャッシュバックキャンペーンと比較するとUQとBroadのキャンペーン金額は少額ですが、他のキャンペーンと違い、契約開始後すぐにキャンペーン特典を受け取れたり銀行口座の登録の手間が不要など、特典受け取りの手間や受け取れないリスクが少ないキャンペーン

UQ WiMAXの1万円キャッシュバックキャンペーン

UQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーン

UQ WiMAXでは新規契約者を対象とした1万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中。他社のキャッシュバックキャンペーンとは違い、契約開始月の翌々月末にWiMAX契約時に登録したメールアドレス宛にキャッシュバック特典受け取りの連絡がされるなど、受け取り忘れの心配が少ないキャンペーンです。

下り最大速度758Mbpsに対応したルーター最新機種・W05が対象外
W05ルーター
下り最大速度758Mbps対応!最新機種W05

一方、下り最大速度758Mbpsに対応したルーター最新端末・W05がキャンペーン対象外である点には注意が必要。UQ WiMAXでW05機種を利用したい場合、キャッシュバックキャンペーンは利用できません。またキャッシュバック対象はギガ放題プランのみの点もデメリットです。
 
BroadWiMAXを含む他のWiMAXプロバイダでは、ルーター最新端末や月間7GB制限プラン契約時もキャンペーン対象であることが多いのと違い、UQ WiMAXだけのデメリットと言えます。

BroadWiMAXは初期費用割引に加え、Amazonギフト券キャンペーンも

Amazonギフト券10,000円分プレゼント
Broad WiMAXなら当サイト限定、
Amazonギフト券プレゼントキャンペーンも。

BroadWiMAXでは、WEB経由の申し込み、かつ支払い方法がクレジットカードである場合限定で初期費用18,857円が割引されるキャンペーンがある上、さらに当サイトを経由したBroadWiMAXへの申し込みであれば当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンの対象にも!
 
当サイト経由でのBroadWiMAXへの申し込み後に送られるキャンペーン案内メールにしたがって手続きすればAmazonギフト券1万円分のギフトコードが届く、確実にお得なキャンペーン。
※詳細はこちら→Broad WiMAXのAmazonギフト券キャンペーン

有料の安心サポートオプションへの加入が必要な点に注意

BroadWiMAXのキャンペーンの場合、適用には「安心サポートプラス」「My Broadサポート」という2つの有料オプションへの申し込みが必要なのが注意点。ただし、これらのサポートオプションは、契約開始後すぐに解約することも可能で、必要がなければ料金は発生しません。

このようにWiMAX各プロバイダのキャンペーン内容の違いを比較するとともに、適用条件の違いにも注意して比較する必要があります。

Broadの場合はルーター最新端末が無料、UQは有料という違いも

BroadWiMAXなど多くのWiMAXプロバイダの場合、新規契約時に最新機種を含むWiMAXのルーター端末を無料提供していますが、UQ WiMAXでは有料で購入が必要という違いも。ルーター価格はそれほど高額でないものの、月額費用が高い上にルーター端末も有料と、キャッシュバックキャンペーンがあっても他社と比較して費用が高いのがUQ WiMAXです。

UQ WiMAXとBroadWiMAXを比較した時の一番の違いは料金面。月額料金が高くルーターも有料のUQ WiMAXは、できるだけ安い費用でWiMAXを利用したい場合に不向きと言えます。

UQWiMAXだけの契約特典「UQ WiFiプレミアム」

比較的料金の高いUQWiMAXですが、UQWiMAXの契約メリットとも言えるのが公衆無線LANサービス「UQ WiFiプレミアム」の無料利用。UQWiMAXで契約する料金プランのオプションとして、日本全国20万ヶ所以上のWiFiスポットで無線LANを無料で利用できます。
 
利用にあたっては事前の申請が必要ですが、UQ WiFiを利用したインターネット接続であれば自分のルーターの通信量や速度制限を気にすることなく利用できるほか、東海道新幹線の車内や成田エクスプレスの車内でも利用できるなど利便性の高い公衆無線LANサービスです。

Broadだけの評判のサービス「申し込み即日発送・店舗受け取り」

店舗受け取りサービス料金面での安さや豊富なキャンペーンで人気のBroadWiMAXですが、魅力の1つがルーター到着までの時間の早さ。最短で契約・申し込み即日の発送に対応しているので、配達先によっては翌日にはルーターが到着、WiMAXを利用開始できます。
 
さらにBroadWiMAXにはルーター端末受け取り専用の店舗があり、最短で申し込み即日での店舗受け取りも可能と、他のWiMAXプロバイダにはないメリットもあります。

Broad WiMAXの店舗受け取りサービスの評判

ルーター端末受け取りの店舗は東京の渋谷・秋葉原、埼玉の大宮、大阪の梅田の4店舗ですが、数あるWiMAXプロバイダの中で契約・申し込み当日にWiMAXを利用開始できるのはBroad WiMAXだけで、急ぎでWiMAXを手配したい人や宅急便などが受け取りづらい人に評判のサービス。
 
店舗での即日受け取りサービスを実際に利用した方の口コミも紹介します。

サポートの充実度はUQが選ばれる理由、ただしBroadも悪くない

UQ WiMAXで契約中の方の中には、サポートが充実していて安心という理由でUQを選んだ方も多そう。UQ WiMAXの問い合わせサポートレベルは業界トップクラスで、ホームページのサポート記事も充実しているほか、電話での問い合わせにも年中無休で対応するなど体制も十分。
 
一方でBroadも日曜日以外は電話での問い合わせに対応するほか、WEBサイトのコンテンツも充実。そもそも電話での問い合わせに対応していないプロバイダや対応しても平日のみのプロバイダと比較すると、UQとBroadはサポート面でおすすめのプロバイダと言えそうです。

比較のまとめ~おすすめプロバイダはどっち?~

UQ WiMAXとBroadWiMAXなど“◯◯ WiMAX”と名の付くプロバイダ会社の違いについて、料金プランやサービス内容の比較を通じて説明しましたが、WiMAXをできるだけ安い料金で利用したい場合は、BroadWiMAXなどUQ WiMAX以外がおすすめ

UQ WiMAXを運営するUQコミュニケーションズは、WiMAXの利用者を増やすために多数のMVNO事業者にプロバイダとして参加してもらっている立場。その立場上、UQ WiMAXが最安料金を提供したり、最も魅力的なキャンペーンを実施することは難しいのです。

また、毎月の支払い料金を安くしたい場合やルーター端末を最速で入手したい場合はBroadWiMAXがおすすめで、別のニーズがあれば他のWiMAXプロバイダがおすすめとなるかもしれません。各プロバイダのサービス内容を比較、自分のニーズとぴったり合ったプロバイダを見つけられればWiMAXを快適に利用できそうです。
 
繰り返しですが、対応エリアや通信速度・速度制限の違いは無いのでWiMAXプロバイダの比較ポイントは料金プランやキャンペーン内容。各プロバイダのキャンペーン内容は毎月更新されるため、最新情報はぜひ当サイトで確認してください!

【お得なキャンペーン情報を網羅!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら