【比較】スマホのテザリングとWiMAXはどっちがお得か?

【比較】スマホのテザリングとWiMAXはどっちがお得か?

白い机とスマートフォン

最近、ソフトバンクやauなどの大手通信キャリアが有料化に踏み切るなど話題のテザリング。このタイミングでWiMAXなどのモバイルルーターの併用を検討し始める方も多い様子。

外出先でもパソコンやタブレット端末を使う方には、iPhoneなどスマートフォンでのテザリングは非常に便利。WiMAXのようなポケットWiFiが無くてもテザリング可能なスマホがあれば、いつでもどこでもインターネット通信が可能です。一方、テザリングの通信量やスマホのバッテリーに気を配る必要があり、WiMAXなどのモバイルWiFiルーターを併用した方が利便性が上がり、料金が安い場合も。

このページではスマートフォンや携帯の4G/LTE回線を使うテザリングによるインターネット通信と、WiMAXルーターを使った通信の速度や通信制限を比較。それぞれのメリット・デメリット、料金や使い勝手の違いをドコモやソフトバンク、auなどキャリア別に比較・紹介、どちらがお得か?どっちがおすすめか?を解説します。

テザリング有料化!WiMAXなどWiFiルーターを検討するべき?

これまで大手通信キャリアが実質無料で提供してきたテザリング・オプション。ところが、auとソフトバンクが2018年4月からテザリングの有料化を発表しました。一方、docomoはこれまで通り無料でテザリングを利用できる様子。
 
テザリングが有料なら、WiMAXなどのモバイルWiFiルーターを検討するべき?などと悩みますが、料金的にはテザリングとWiMAXのどっちがお得なのでしょうか?WiMAXがあると、もっと快適に、便利にインターネットが使えるのでしょうか?

テザリングとはパソコンやタブレットをインターネット接続する機能

WiMAXとテザリングの比較へ入る前に、そもそもテザリングとは何か?の概要を簡単に説明します。

テザリングとは…パソコンやタブレット端末を、インターネット通信やテザリングが可能なスマホや携帯電話とWiFiなどで接続、スマホや携帯をアクセスポイントとして(中継して)パソコンやタブレット端末でもインターネット通信を可能にする機能。

テザリングではスマホや携帯がアクセスポイント、WiMAXの場合はWiMAX専用のルーターがアクセスポイントとなりインターネット接続するという違いはあるものの、通信の仕組みはよく似た形です。

テザリングやルーターの接続方法はWiFi・Bluetooth・USBの3種類

さらにテザリングとWiMAXによる通信が似ている点は、接続方式。パソコンやタブレット端末とスマホ・携帯、あるいはWiMAXルーターを接続する方法には、WiFi接続、Bluetooth接続、USB接続と3つの方法があります。このうち、みなさんがテザリングよく利用する方法はWiFi接続です。

最も通信速度が速いUSB接続と最も遅いBluetooth

テザリングでもWiMAXルーターとの接続でも、最も通信速度が速いのはUSB接続。ただし、USB接続用のケーブルが常に必要となるほか、ケーブルの範囲内でしかテザリング、WiMAXを利用できないためWiFi接続と比較してやや不便。
 
一方、WiFi接続と同様に無線で接続でき、またバッテリーの消費も少ないため使い勝手の良いBluetoothによる接続ですが、規格上通信速度が1Mbps前後のため、テザリングでもWiMAXでも非常に遅い通信速度となります。

3つの接続方法を比較すると上記のようなメリット・デメリットがあり、結果的に最もバランスが良いのはWiFi接続。以降のテザリング、WiMAXの説明もWiFi接続を前提にしています。

両者を比較した時のメリットとデメリットの違い

テザリングとWiMAX、どちらも外出先でパソコンやタブレット端末をインターネット接続するのに便利な方法ですが、携帯やスマホの4G/LTE通信回線を利用するテザリングと専用の通信回線・Wi-Fiルーターを利用するWiMAXでは、比較すると利点やデメリットに違いも。ここからは、それぞれのメリットに分けて説明します。

iPhoneなどスマホによるテザリング利用のメリット

WiMAXなどモバイルWi-Fiルーターを別途契約・併用せずに、携帯電話やiPhoneなどのスマートフォンでのテザリングのみとする際のメリットは、

・持ち歩くのが、携帯やiPhoneなどのスマホ一台だけで良くなる
・通信会社との契約も携帯電話・スマートフォンで一本化できる

といった点。小型とは言え、ケータイ・スマホとは別にWi-Fiルーター端末を持ち歩かずに済む点が一番の違いで、通信費用の支払い先も増えず“シンプル”なのがテザリング利用のメリット

スマートフォンや携帯の4G/LTE通信回線は対応エリアが広い

もう1つテザリングのメリットを挙げるとすれば対応エリアの広さ。スマートフォンや携帯電話でインターネット通信する際に使用する4G/LTE回線は対応エリアが広く、どのエリアでも比較的安定してネットに接続可能です。
 
比較して、WiMAXの対応エリアは特に地方でやや狭い点がデメリット。大都市地域ではLTE対応エリアと比較しても遜色ないWiMAXのサービスエリアですが、地方での利用が多い場合、エリアの関係でテザリングの方が繋がりやすいことも多そう。

WiMAXなどモバイルWiFiルーター使用のメリット・おすすめの理由

ただ、このページでお伝えしたいのは携帯電話・スマホのテザリングよりもWiMAXなどのモバイルWiFiルーター端末を契約・利用したほうが、ネット利用の使い勝手も、料金面でもメリットが多いというのが結論。WiFiルーター併用のメリットやおすすめの理由をいくつか紹介します。

LTEのテザリングは通信速度が遅い、WiMAX回線なら下り最大758Mbps

まず最初に挙げるWiMAXのメリットが通信速度。テザリングはスマホやケータイの4GあるいはLTE回線を使ったインターネット接続で、その通信速度は4G/LTE回線の通信速度に依存します。キャリアやエリアで異なるもののLTE回線の下り最大速度は150Mbps前後
 
これと比較してWiMAX回線の通信速度は5倍以上!下り最大速度は758Mbps、上り最大速度は112.5Mbpsと、スマホで利用するLTE通信と比較すると高速のインターネット通信がWiMAXのメリットです。

特にノートパソコンを接続して仕事・勉強で利用する、iPadなどのタブレットでオンラインゲームを利用する場合、テザリングの速度には限界があります。データ通信量や通信頻度の多い人ほど、テザリングよりもWiMAXの方がおすすめです。

スマホのバッテリー消費が多いテザリング、肝心な時に電池切れも

スマホや携帯のテザリングではバッテリーを急速に消費する点がデメリット。肝心な時にスマホや携帯が電池切れを起こして電話やメールの連絡に使えなくなっては面倒。実際、バッテリーの問題でテザリングからWiMAXのようなWiFiルーターの併用に変更するとの口コミも。

WiMAXのルーターは連続通信時間が10時間前後と1日中持ち歩いても十分なバッテリー。モバイルルーターがあればスマホのバッテリーを気にせず、外出先でもインターネット通信ができる点もおすすめする理由の1つです。

LTEと比較してWiMAXは速度制限が緩く、月間通信量無制限プランも

テザリングにせよWiMAXにせよ、注意が必要な通信量制限や速度制限。どちらも一定の通信容量を超過すると速度制限がかかりますが、この速度制限が比較的緩いのがWiMAXの特徴であり、メリット。

例えばソフトバンクのスマホの場合、直近3日間で3GB以上の通信を行うと超過した翌日の午前6時から24時間、速度制限が発生するプランも。また契約している通信容量を超過した場合、約128Kbpsまで低速化される厳しい速度制限がかかります。
WiMAXのギガ放題プランなら3日間で10GBまで制限無しで通信可能

比較してWiMAXのギガ放題プランは月間通信量無制限で、直近3日間の通信量が10GBを超えない限りは速度制限無し。制限が発生しても超過した翌日午後6時から深夜2時までの最短8時間で済み、制限中も約1Mbpsの速度で通信が可能です。そもそも月間通信容量の制限も無いため、通信量を気にせずにインターネット利用できる点もWiMAXのメリットです。

テザリングによるPC利用の場合、通信制限のリスク・デメリットも

ノートPCでインターネット接続する際、携帯・スマホのテザリングを利用する人もいますが意図せず通信容量が膨らむリスクもあり危険。パソコンにはウィルス対策ソフトやWindowsの定期的なアップデートもあり、目に見えないところで膨大な通信量が発生する場合も
 
自分では長時間インターネット通信をしていないつもりでも、いつの間にかパソコン経由でスマホの通信量を消費、通信制限・速度制限がかかるリスクのある点はテザリングのデメリットです。

スマートフォンの大容量プランよりWiMAX追加契約の方が安い

通信キャリアや、どんな割引が料金プランに適用されるかで多少変わりますが、基本的にスマートフォンの契約を大容量プランに変更するより、スマホの契約は最小にしてWiMAXを追加契約した方が全体の料金は安くなります
 
特に通信量が多い人の場合、携帯・スマホの最小プラン+WiMAX・ギガ放題の方が結果的に安い費用となりコスパが良いとの口コミも多く見られます。

通信キャリアによっても料金が大きく変わるため、ここからは通信キャリア別にWiMAX料金との比較をしていきます。

通信キャリア各社のテザリングとWiMAXの料金・サービス比較

テザリングを利用した場合の費用とWiMAX料金の比較と言っても、通信キャリアごとに対応や料金プランが異なるため、どっちがお得かを一言で答えるのは難しいところ。
 
ここからは大手通信キャリア3社の各料金プランの形態と、WiMAXの利用料金やサービス内容を1つずつ丁寧に比較しながら、どっちの方がコストパフォーマンスが高いのかを検証します。

docomo(ドコモ)のテザリングとWiMAX

docomoのロゴdocomo(ドコモ)でiPhoneなどのスマートフォンの契約がありテザリングを利用する場合と、WiMAXを新たに追加契約する場合のそれぞれで料金を比較しました。

docomo大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較

docomoユーザーの場合はテザリングオプションの利用が無料であり、かつ月間通信量が30GB以下に収まるのであれば、大容量プラン(ウルトラデータLLパック)を契約、テザリングを利用しても料金的には悪くないかも知れません。
 
ただし、高速通信のインターネットを利用したい、通信量・速度制限を気にせずインターネット利用したい場合は、テザリングよりもやはりWiMAX・ギガ放題プランの追加契約がおすすめです。

docomo(大容量プラン) VS docomo(最小限プラン) WiMAX
シンプルプラン+ウルトラデータLLパック プラン名 カケホーダイライトプラン+データSパック(小容量) ギガ放題プラン
30GB 月間通信容量 2GB 無制限
8,000円~ 月額利用料金 5,500円~ 3,359円~
8,000円~ 月額合計 8,859円~

※シンプルプラン+ウルトラデータLLパックでテザリングを行うと、月間30GBまで利用できて料金的にもWiMAXギガ放題の追加契約よりも安くなります。

Softbank(ソフトバンク)のテザリングとWiMAX

docomoと同様の料金比較をSoftbank(ソフトバンク)の場合でも行った結果が以下の表。docomoと異なり、Softbankの場合はテザリング利用に月額500円のオプション費用が発生する点に注意が必要です。

Softbank大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較

Softbankでは、他の大手通信キャリアとは異なり「ウルトラギガモンスター」という月間通信容量50GBの大容量プランがあるのが特徴。ただし、この50GBプランを契約するよりも最小プランにしてWiMAXのギガ放題を追加契約し方がお得というのが料金比較の結果です。

Softbank(大容量プラン) VS Softbank(最小限プラン) WiMAX
スマ放題ライト+データ定額50GB
(ウルトラギガモンスター)
プラン名 スマ放題ライト+データ定額ミニ ギガ放題プラン
50GB 月間通信容量 1GB 無制限
9,000円~ 月額利用料金 4,900円~ 3,359円~
500円 テザリング費用
9,500円~ 月額合計 8,259円~

※ソフトバンクの携帯・スマホの契約を最小化、WiMAXを追加契約した方がテザリングよりもお得な料金となりそうです。

auケータイ・スマホのテザリングとWiMAX

auロゴauのケータイ・スマホと契約があれば、テザリングよりもWiMAX併用が断然おすすめ。auユーザーであればWiMAXの契約と同時にauスマートバリューmineという毎月最大1,000円の割引制度を申請でき、docomo・Softbankユーザーよりもお得な料金でWiMAXを利用できるからです。

au大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較

auスマートバリューmine割引額は契約中のケータイ・スマホの料金プランにより変動しますが、auもSoftbankと同様、月額500円のテザリング費用がかかるため、auスマートバリューmineの適用を除いてもWiMAXのギガ放題プランを追加契約した方が総額費用は安くなります。

au(大容量プラン) VS au(最小限プラン) WiMAX
auフラットプラン30 プラン名 auピタットプラン(シンプル) ギガ放題プラン
30GB 月間通信容量 1GB 無制限
6,500円~ 月額利用料金 1,980円 3,359円~
500円 テザリング費用
7,000円~ 月額合計 5,339円~

まとめ:最終的にどっちがおすすめ?

主要な通信キャリアごとに、スマホを大容量プランで契約・テザリングを活用するパターンと、最小プランで契約・WiMAXを併用するパターンに分けて、料金を比較しました。結論として、以下の3つが言えそうです。

  • docomo(ドコモ)ユーザーであれば、月間通信量30GBのウルトラデータLLパックなどを契約、テザリングをメインにする選択肢もアリ(ただし、月間通信量が30GB以上の場合はWiMAXがおすすめ)
  • Softbank(ソフトバンク)、auユーザーであればテザリングが有料となるため、最小プラン(1GB)とWiMAXの併用が安い
  • いずれにせよ、スマホのバッテリーや速度制限を気にすることなく高速のインターネット通信を利用したい場合はWiMAXがおすすめ

上記以外にもさらに安くなるのは、格安SIM・スマホとWiMAXを組み合わせるパターン。いずれにせよ、テザリングオプション有料化の波が来るのであれば、一度WiMAXを検討する価値は十分にあると思います。

WiMAXの契約ならプロバイダの料金・キャンペーン比較が重要

当サイトではWiMAXに関連する様々なことを比較・解説していますが、いざ契約する際に最も重要なのがプロバイダ比較。20社以上あるWiMAXプロバイダの中から自分にぴったりのプロバイダを見つけるには当サイトのようなWiMAX比較サイトが便利。
 
大変そうに思えるかも知れませんが、プロバイダ比較のポイントは最新の料金プランとキャンペーン情報のみ。それ以外の点ではWiMAXのプロバイダ間で大きな違いが無いのです。

どのプロバイダもUQ WiMAXと同じ通信回線、速度やエリアは同じ

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、すべて同じWiMAX2+の通信回線を利用したインターネット接続サービスを提供する会社。数あるプロバイダの中でも本家にあたるUQ WiMAXが有名ですが、UQ WiMAXもその他のプロバイダも同じ通信サービスで通信速度や対応エリアに違いは無いのです。

多くのプロバイダが最新機種のWiFiルーター端末を無料提供

多くのプロバイダでは、テザリングの5倍以上の速度・下り最大758Mbpsで通信可能なWiMAXのWiFiルーター最新機種を、契約時に無料提供しています。またネットでの契約後、最短当日にルーター端末が発送され、すぐに利用開始できる点もWiMAXのメリット
 
つまり、WiMAXプロバイダの比較ポイントは料金とキャンペーン。この機会にぜひ、当サイトで最新料金・キャンペーン情報をチェックしてみてください!

【WiMAXの最新情報はこちらから】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら