プロバイダ・料金・キャンペーン選びのWiMAX比較ナビ

WiMAXを完全比較

【最終更新日:2018年9月18日】
最新のモバイルアワード2017で総合満足度No.1を受賞!契約者数3,000万人を突破、2018年も利用者が増え続けている人気・おすすめポケットWiFi、WiMAX。

当WiMAX比較サイトでは人気のWiMAXプロバイダを徹底比較、お得な新規契約キャンペーンや安い月額料金プランなど自信を持っておすすめできるWiMAXプロバイダを紹介します。

20社以上あるプロバイダの料金プランやキャンペーンを比較して1つを選ぶ必要があるのがWiMAX契約の難しさ。しかも十分比較・検討せずWiMAXやWiMAX2+の契約・申し込みをすると2~3万円、料金を損することも。

当サイトでは、WiMAXのお得な契約に欠かせない5つの比較ステップを完全解説。同時に、WiMAXプロバイダの最新料金・価格、キャッシュバックキャンペーン情報を調査、比較結果をランキングで紹介します。

【当サイト限定キャンペーンも!】
Amazonギフト券10,000円分プレゼント当サイト経由のBroad WiMAX契約で、Amazonギフト券1万円分をプレゼントするキャンペーンを2018年9月末までの期間限定で実施中!当サイトと提携するWiMAX比較.com、Broad WiMAXの公式キャンペーンです。Broad WiMAXの契約は当サイト経由が絶対おすすめ!
当サイト限定・Amazonギフト券キャンペーンの詳細はこちら

WiMAXの契約では何を重視するかで、おすすめ料金プランやお得なプロバイダが変わります。あなたにピッタリのものが見つかるようにWiMAX・WiMAX2+を丁寧に比較、説明します。

完全保存版!WiMAXの比較に欠かせない5つのステップ

WiMAXの契約ではプランやキャンペーンを十分に比較・検討しないと料金面で数万円損することも。後から「知らなかった…」と気付くのはもったいないこと。

でも大丈夫です!当サイトで説明する5つの比較ステップと3つの最新情報を確認すれば、あなたのニーズに合った、安くてお得なWiMAXの料金プランやキャンペーンが見つかります。

【1】他ポケットWiFi(モバイルWi-Fi)や固定回線と比較

ステップ1・他のサービスと比較してどう?

ドコモ(docomo)やソフトバンク(Softbank)などのキャリアが提供するモバイルWiFiルーター、Yahoo! Wi-FiやY!mobile(ワイモバイル)などのポケットWi-Fi、あるいはフレッツ光・auひかりなどの固定回線とWiMAXを比較するとどれがおすすめでしょう?
 
それぞれメリット・デメリットが違うものの、月額料金が安く月間通信量無制限のギガ放題プランがあり、回線工事不要で最短申し込み当日にルーターを入手できる点で、おすすめはWiMAXです!

ポケットWiFiの多くは月間5~7GB制限のLTE通信サービス

Yahoo! Wi-FiやY!mobileなどのポケットWiFiは、携帯電話やスマートフォンのインターネット通信と同じLTE回線を使っており、WiMAXの電波と比較すると屋内や室内でも繋がりやすく、対応エリアもやや広いのが特徴。
 
ただし通信容量が月間5GB~7GB制限で月額2,000~3,000円台の料金プランが多く、かつ容量制限をオーバーするとインターネットが約128Kbpsという非常に遅い通信速度に制限されます。また回線速度も下り最大150Mbps前後と、比較的遅い速度の料金プランやルーター端末が主流。

WiMAXのギガ放題は月間通信容量無制限、速度制限も比較的緩い

WiMAXのギガ放題プランであれば月間通信容量の制限なしで、最新ルーターを使えば下り最大速度758Mbpsの高速インターネットを利用可能な点がメリット。3日間で10GBの通信制限はあるものの、超過しても約1Mbpsの速度で通信可能でYoutubeの標準画質動画も視聴できる緩やかな速度制限。
 
また速度制限がかかるのは夕方18時~深夜2時の夜の時間帯のみ。最短8時間で解除され日中は通常の速度で利用できるため、他のポケットWiFiと比較して実用的な範囲の制限です。

光回線と違い工事不要、最短契約当日にインターネット接続可能

WiMAXのもう1つのメリットは、フレッツ光やauひかりなどの固定回線と比較して面倒な契約手続きや、立会いが必要な回線工事が不要な点。最短契約当日にルーターが発送されたり、WiMAXプロバイダによっては店舗での即日受け取りも可能。

WiMAXのギガ放題プランは実質月額料金3,000円台で利用でき、無制限でこれだけ価格の安い、お得なポケットWiFiがWiMAXの他に無い点も人気・おすすめの理由です。

【2】2つの料金プランの比較

ステップ2・料金プランはギガ放題?!

WiMAXの月額料金プランは月間通信量7GB制限プランと、月間通信量無制限のギガ放題プランの2種類。2つのプランの違いを理解し、どちらの料金プランがお得かの比較も重要なステップです。

WiMAXの月額料金プラン比較~月間7GBvsギガ放題~

料金プラン 月間7GBプラン ギガ放題プラン
月額料金 月額2,726円~ 月額3,411円~
-ノーリミットモード(旧WiMAX回線) 制限無し・使い放題
※2020年にサービス終了予定
ハイスピードモード(WiMAX2+回線) 月間7GB
※超過時は速度制限
制限無し・使い放題(ただし3日で10GBの通信制限あり)
-ハイスピードプラスエリアモード(auの4G/LTE回線) 月間7GB
※超過時は速度制限
最高速度 下り最大速度758Mbps

比較結果の通り、2つのプランの違いは月額料金(月額約700円の差)とWiMAX2+回線(ハイスピードモード)のデータ通信量の制限有無です。

月間7GB上限プランの厳しい速度制限に注意!

月間7GB上限プランで月間通信量が7GBを超えると速度制限が発生、WiMAXの通信速度は128kbpsまで低速化します。これは動画はもちろんWEBサイトの閲覧も困難な速度。高画質動画などを視聴すると、データ通信量7GBの速度制限にすぐ到達するため注意が必要です。

結論!通信容量無制限・速度制限も緩やかなギガ放題がおすすめ

特に動画視聴やオンラインゲーム、LINE・Skypeのビデオ通話など、インターネットを頻繁に使う場合、月間通信量7GBはあっという間。ギガ放題プランの月額料金は、月間7GB制限プランと比較して約700円を追加すれば契約可能と手頃な価格設定。

実際、8割以上のWiMAX利用者がギガ放題プランでプロバイダ契約しており、速度制限が気になる場合は月額3,000円台で契約可能なギガ放題がお得でおすすめ。WiMAXの最新料金プランを比較、どちらが自分の利用目的に合うかで選びましょう。

※今すぐ2018年9月更新:WiMAXプロバイダ24社のギガ放題プラン最新料金を比較する場合はこちら!

【3】WiMAXルーター端末の機種比較

ステップ3・一番速いルーター探し

WiMAXの回線速度が4G/LTE通信と比較して高速でも、使用するルーター機種が高速インターネットに非対応では意味がありません。ここではWiMAXのルーター機種の比較・選ぶ際のポイントを解説します。

WiMAXのルーター機種を比較する際のポイント
対応速度 各ルーター機種の最大通信速度を比較、最速の機種がおすすめ。どれだけWiMAXがLTE回線を使用する他のポケットWiFiと比較して速くても、ルーター端末が高速通信に対応した最新機種でなければ意味がありません。
連続稼働時間 WiMAXの使い方によって変わりますが、外出先での利用が多い場合は電池・バッテリーの持ちが良く、連続稼働時間が比較的長いモバイルルーター機種を選ぶのがおすすめ。

下り最大速度758Mbps対応!おすすめは最新機種・W05

W05のイメージ

2018年販売開始、WiMAXルーター最新機種・W05

WiMAXルーターの比較ポイントですが、最新機能や最大速度に対応している機器かが重要で、基本的に販売開始時期の新しい機種のルーター端末がおすすめ。また多くのWiMAXプロバイダでルーター最新機種を無料提供しており、ルーターの価格比較は必要ありません。

2018年9月時点でのおすすめ製品は下り最大速度758Mbps、上り最大112.5Mbpsの高速通信が可能なモバイルルーター・W05(HUAWEI製)で、利用者の口コミ・評判も上々。また国産NEC製のモバイルルーター・2017年11月発売のWX04も比較的新しくおすすめ。

クレードルは必要?

モバイルルーターと同時にクレードルと呼ばれるオプション機器のセット購入をおすすめされる場合もありますが、クレードルのセット購入は必要ありません。UQ WiMAXのWEBサイトやアマゾン、家電量販店で販売しており、必要になればいつでも購入できる機器です。

自宅利用中心ならモバイルルーターではなくホームルーター端末も

HOME L01s

据え置き型のホームルーター端末「HOME L01s」

WiMAXでは持ち運び可能な小型のモバイルWiFiルーターが一般的ですが、自宅利用中心ならホームルーター端末を選ぶのもおすすめ。常時、電源コンセントに接続して使用する据え置き型ルーターですが、光ファイバーの固定回線と比較して開通工事が不要、ルーター到着後すぐにインターネット利用を開始でき、特に引っ越しの多い方に固定回線の代替としておすすめです。

【4】キャンペーン種類の比較

ステップ4・キャンペーンに気をつけろ!

WiMAXプロバイダの料金を比較する上でキャンペーン比較は必須。各プロバイダが実施するキャンペーンには数万円のキャッシュバックキャンペーンもあり、最安料金でお得にWiMAXを契約するにはキャンペーンの活用が必要です。
 
ただしWiMAXのキャンペーンにはいくつか種類があり、メリット・デメリットを知らないと逆に損することも。キャンペーン種類別のメリット・デメリットを比較、どんなキャンペーンが自分に合うかの把握も重要なポイントです。

キャンペーン種類別のメリット・デメリット比較

キャンペーン種類 メリット デメリット
キャッシュバックキャンペーン ・キャッシュバック特典金額が比較的大きく、お得度も分かりやすい ・受け取りが契約開始の約1年後
受け取り失敗リスク
・途中解約しづらい
商品券・ギフト券プレゼント ・契約後、早くキャンペーン特典を受け取れるため受け取り忘れのリスクが無い ・キャッシュバックと比較するとキャンペーン特典金額が安い
タブレットやノートパソコンとのセット購入 ・個別に購入する場合と金額が変わらず、お得なキャンペーンでない

受け取り失敗リスクもあるキャッシュバックキャンペーン

特典金額の大きさで人気のキャッシュバックキャンペーンですが、誰でも必ず受け取れる訳ではありません。キャッシュバック特典受け取りがWiMAX契約開始の約1年後など受け取り忘れのリスクもある上、プロバイダによっては複雑な手続きを期間内に終えなければキャッシュバックキャンペーン特典が失効することも。

比較してお得ではないタブレットやノートパソコンのセット購入

WiMAXとの契約と同時にタブレット端末やノートパソコンとのセット購入を促すキャンペーンもありますが、個別に購入するのと比較して金額があまり変わらないことも。本体価格0円などほぼ無料でタブレットやPCが提供される分だけWiMAXの月額料金が高くなる場合もあり、他のキャンペーンと比較してもお得とは言えません。

特典受け取りの失敗リスクやWiMAXの契約期間・途中解約も考えると、単にキャッシュバック金額や割引金額が大きいだけ、キャンペーンが充実しているだけでプロバイダを選択すると後で損することも。注意が必要です。

【5】WiMAXプロバイダの価格比較

ステップ5・プロバイダを比較!

料金プランはギガ放題、ルーターは最新機種がおすすめで、最後に最も重要なのが20社以上あるWiMAXプロバイダの比較。数は多いですが、比較はシンプルで各プロバイダの月額料金とキャンペーン内容、それらを合わせた実質負担価格の総額比較だけ。価格以外はWiMAXプロバイダ間で違いが少なく、比較の必要が無いのです。

WiMAXのプロバイダはMVNO

WiMAX回線を保有・管理するUQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAXを除き、20社以上のWiMAXサービス提供会社(プロバイダ)はすべて、UQコミュニケーションズの基地局・通信回線を借りてWiMAXサービスを提供しています。

自社で回線設備を持たずに通信サービスを提供する事業者をMVNOと呼びますが、WiMAXはこれらプロバイダ(MVNO)各社の料金プランやキャッシュバックキャンペーンがお得なため、WiMAX契約時のプロバイダ比較が重要なのです。

どのプロバイダも速度・エリアはUQ WiMAXと同じ=料金比較が重要

WiMAXプロバイダはすべて同じWiMAX2+回線を使ったインターネット接続サービスを提供するため、どこのプロバイダ契約でも通信速度は同じで、各プロバイダの速度比較は不要です。UQコミュニケーションズが通信回線を貸し出し、利用するWiMAXプロバイダはただの「代理店」。最速のプロバイダは存在しません。
 
WiMAXのサービスエリアも同様、本家プロバイダ・UQ WiMAXと比較して繋がりやすいプロバイダや対応エリアが狭いプロバイダという評価はありません。GMOとくとくBBもBroad WiMAXもBIGLOBEも使用する回線は同じ、通信可能エリアを比較しても違いはないのです。

つまりWiMAXのプロバイダ比較は唯一の比較ポイント、月額料金やキャンペーンの比較が最も重要。同じWiMAX契約でもプロバイダにより実質価格に数万円の違いがある場合も。当サイトの最新料金比較をぜひ活用ください!

2018年9月最新:WiMAXプロバイダ24社・ギガ放題の実質料金比較

2018年9月最新のWiMAX各プロバイダの実質料金比較は、ギガ放題プランの月額料金のほか契約手数料やキャンペーン特典を含めた総額料金での比較。具体的には、WiMAX契約時にかかる事務手数料や一部プロバイダで必要なWiMAX料金以外の会員費用も計算、最後にキャッシュバックなどのキャンペーン特典金額も差し引いた実質負担総額で比較します。

WiMAXプロバイダ 基本月額料金比較 3年間実質料金比較 3年間の平均月額料金
【おすすめ】Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

当サイト限定・Amazonギフト券プレゼントキャンペーン!

3,411円 120,341円 3,343円
【注意】GMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン適用) 4,263円 112,506円 3,125円
GMOとくとくBB(月額割の場合) 3,260円 117,090円 3,253円
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+ 3,380円 121,348円 3,371円
JP WiMAX 3,500円 123,500円 3,431円
@nifty(ニフティ)WiMAX 4,100円 125,060円 3,474円
カシモWiMAX 3,380円 129,068円 3,585円
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 4,380円 129,310円 3,592円
DTI WiMAX 3,760円 134,850円 3,746円
3WiMAX(スリー・ワイマックス) 3,615円 137,870円 3,830円
novas WiMAX(ノバ・ワイマックス) 3,980円 139,900円 3,886円
UQ WiMAX(キャッシュバックキャンペーン適用) 4,380円 148,628円 4,129円
au 4,380円 166,680円 4,630円
YAMADA(ヤマダ電機) 4,267円 162,255円 4,507円
BICWiMAX(ビックカメラ) 3,696円 150,264円 4,174円
ワイヤレス ゲート(ヨドバシカメラ) 4,730円 172,845円 4,801円
エディオン ネット 4,380円 158,628円 4,406円
ASAHIネット 4,290円 158,160円 4,393円
DISmobile 4,380円 158,628円 4,406円
J-COM 4,113円 160,644円 4,462円
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス) 3,609円 138,038円 3,834円
楽天ブロードバンド 4,380円 147,540円 4,098円
Tiki mobile 3,625円 142,560円 3,960円
GREEN WiMAX 3,985円 164,652円 4,573円
ネクストモバイル(NEXT mobile)

ポケットWiFiのおすすめNO.1!

2,760円 113,580円 3,155円

※多くのプロバイダでは、WiMAXのルーター端末を最新機種も含めて無料提供しています。

auユーザなら「auスマートバリューmine」申し込みでさらに割引

auロゴすでにauのケータイ・スマホと契約があるauユーザーの場合、WiMAXを契約後、auスマートバリューmineというお得な割引を申し込み可能!この割引サービスに加入すると、毎月最大1,000円がauの携帯電話・スマートフォンの料金から割引され、WiMAXの実質利用料金が上記比較表よりも月額1,000円、3年間で最大約36,000円もお得になります。

つまり、auユーザであればWiMAXのギガ放題を実質月額2,000円台という安い価格で利用可能です!

2018年9月最新:WiMAX2+のキャンペーン情報

主要WiMAXプロバイダの最新キャンペーン内容・キャッシュバック特典を一覧で比較しました。またいつWiMAXのルーター端末本体が自宅に届くのか、利用可能な端末や発送スケジュールを比較しやすいように一覧に加えています。

【2018年9月最新情報】
@nifty(ニフティ)のキャッシュバックキャンペーンが特典金額増額で期間延長、2018年9月も実施中です。
So-netのキャッシュバックキャンペーンが休止、月額料金の割引キャンペーンのみとなりました。

キャッシュバック特典金額や端末機種・受け取り時期の一覧比較



WiMAXプロバイダ


キャッシュバックキャンペーン特典


選択可能な端末


利用開始


最大金額


振込時期


受け取り方法


キャンペーン対象ルーター機種

Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 10,000円

当サイト限定のAmazonギフト・キャンペーン!

契約後すぐ 案内メール確認後、キャンペーンに申し込み W05, WX04, L01s 最短当日
UQ WiMAX 10,000円(キャッシュバックキャンペーン) 契約後翌々月 案内メール確認後、 口座登録 L01s(WX04の場合はキャッシュバックが半額、W05はキャンペーン対象外) 最短数日
GMOとくとくBB WiMAX2+ 42,000円(ルーター機種の選択によりキャッシュバック金額は変動) 12ヶ月目 案内メール確認後、 口座登録 W05, WX04, W04, L01s 最短翌日
BIGLOBE WiMAX 2+ 30,000円(料金支払いがクレジットカードの場合)
15,000円(料金支払いが口座振替の場合)
13ヶ月目 案内メール受信後、45日以内に受取手続き W05, WX04, WX03, L01s 最短2日
@nifty WiMAX2+ 32,500円 9ヶ月目 案内メール確認後、 口座登録 W05, WX04, L01s 最短4日
※以下は、2018年9月時点でキャッシュバックキャンペーンを休止中、もしくは新規契約の受付を停止中のプロバイダです。
So-net モバイル WiMAX 2+ 30,000円 12ヶ月目 ソネット de 受取サービスで 銀行口座登録 W05, WX04 最短3日
novas WiMAX2+ 10,000円 11ヶ月目 案内メール確認後、 口座登録 最短数日
DTI WiMAX 30,000円 12ヶ月目 案内メール受信後、45日以内に受取手続き 最短数日
PEPABO WiMAX2+ 23,500円 12ヶ月目 会員サイトダッシュボード内で 銀行口座登録 最短5日

当サイト限定キャンペーン!Broad WiMAX契約でAmazonギフト券1万円

Amazonギフト券10,000円分プレゼントWiMAXプロバイダの中でも人気のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)ですが、契約するなら当サイト経由が断然おすすめ。当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」限定でAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンを2018年9月末までの期間限定で実施中。Broad WiMAXを最安値で契約するチャンス♪

キャッシュバックと比較して確実に受け取れるAmazonギフト券のプレゼントキャンペーンと月額料金が安いBroad WiMAXの組み合わせで、お得な料金でWiMAXを契約できます!
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の限定キャンペーン

プロバイダ比較のまとめ!2018年9月最新おすすめランキング

最新の料金・キャンペーン比較結果のまとめとして、2018年9月現在、最も契約をおすすめできるランキング上位のWiMAXプロバイダを5社紹介します。

第1位:月額料金が安い!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX

最安級の月額料金、3年以上の長期利用ならさらにお得!キャッシュバックキャンペーンのような特典受け取りの手間を避け、安い月額料金で確実にお得にWiMAXを利用するならBroad WiMAX(ブロードワイマックス)」がおすすめ。

WEB申し込みで初期費用18,857円が全額割引となるキャンペーンのほか、他社WiMAXプロバイダからの違約金無料・乗り換えキャンペーンなど、お得なキャンペーンが豊富。さらに当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンもあり、Broad WiMAXなら最安費用でWiMAXを契約できます。

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)のメリット

BroadWiMAX
・月間7GB制限のライトプラン月額料金が2,726円と他プロバイダと比較して最安級。ギガ放題プランの月額利用料金も3,411円と最安値。
・キャッシュバックキャンペーンで実質費用が安くなるプロバイダと比較して毎月のWiMAX料金が安い。
・ルーター端末の申し込み即日発送に対応、最短翌日から利用可能!最新機種も価格無料で、東京・大阪周辺であれば店舗での端末受け取りも可能。
・初期費用18,857円割引キャンペーンや他社プロバイダの違約金がキャッシュバックされる乗り換えキャンペーンも。
当サイト限定!Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン(2018年9月末まで)

【期間限定キャンペーンをチェック!】

第2位:高額キャッシュバック!GMOとくとくBB

GMOキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBB』は最高4万円以上のキャッシュバックキャンペーンと高額な特典金額が魅力のプロバイダ。契約期間3年間での実質総額は他のWiMAXプロバイダと比較して最安値級ですが、キャッシュバックキャンペーン特典の受け取りが契約開始の約1年後、キャッシュバックを受け取れないリスクもある点は注意が必要。

GMOとくとくBBのメリット・注意点

GMOとくとくBB・GMOとくとくBBをおすすめする理由は他のプロバイダには無い特典金額4万円前後と高額のキャッシュバックキャンペーン、3年総額の実質負担金額で最安クラスのプロバイダ。
・実質負担費用は安いが、毎月支払うギガ放題プラン月額料金は4,263円と他プロバイダと比較して高額な点に注意。
・ルーター端末の即日発送に対応。最新モバイルWiFiルーターW05やホームルーターHOME L01sなどの端末が価格0円。
・WiMAX料金の支払いで毎月100ポイントのGMOポイントが付与され、1ポイント1円でWiMAX料金の割引や、他のGMOサービスで利用可能。
・月額割引キャンペーンの利用で月間7GB制限プランを月額2,170円から利用可能。ただし割引総額ではキャッシュバックキャンペーンを利用する方がお得

第3位:大手プロバイダの良い評判・So-net モバイル WiMAX 2+

So-net モバイル WiMAX 2+』は圧倒的な知名度の高さ、大手プロバイダとしての安定感・安心感に加え、割引キャンペーン適用で安い月額利用料金となる点も魅力。充実したカスタマーサポート体制などで評判の良いWiMAXプロバイダです。

So-net(ソネット)WiMAX2+のメリット・注意点

so-net3年契約限定で月額利用料金の大幅割引キャンペーンを実施中!3年実質総額で1~2万円程度の割引。
・So-netのFlatツープラスプラン(月間通信容量7GB制限)の月額利用料金は2,780円。Flatツープラスギガ放題プランは月額3,380円。
・So-netに新規入会の場合、モバイルコース料金(月額200円)がWiMAXの料金とは別途必要である点に注意。
2年契約プランもあるが、割引キャンペーン対象外。また2018年9月現在、キャッシュバックキャンペーンは無し。

第4位:キャッシュバックキャンペーン&口座振替に対応!BIGLOBE

BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX 2+」は、大手だけに信頼も高くネットの評価も満足度も高い点が特徴。キャッシュバックの受け取りリスクがあるのはGMOとくとくBBと同様ですが、キャッシュバックキャンペーン特典金額が30,000円とお得で、また口座振替による料金支払いに対応している点も他のプロバイダと比較して人気の理由の1つ。

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+のメリット

・(1)30,000円のキャッシュバック、または(2)月額料金割引、のどちらかのキャンペーンを選ぶことが可能!
※ただしキャッシュバックキャンペーン利用の方が実質料金総額はお得に。
ギガ放題プランは月額料金4,380円と他のプロバイダと比較してやや高額。
・WiMAX料金の支払いはクレジットカード払いのほか、口座振替支払いにも対応
・問い合わせサポート体制が充実、電話問い合わせに土日も含む毎日対応。企業規模も大きく信頼度が高い。
・ルーター最新機種が実質価格無料、最短翌日発送に対応。

第5位:期間限定キャンペーンも!@nifty(ニフティ)WiMAX2+

@niftyの名でよく知られる富士通系の企業・ニフティ株式会社が運営するプロバイダサービス「nifty(ニフティ)WiMAX」。2018年9月も期間限定のキャッシュバックキャンペーンが継続、お得な料金でWiMAXを利用可能です。

@nifty(ニフティ)WiMAX2+のメリット・注意点

・32,500円のキャッシュバックもしくは@nifty使用権・月905円×36ヶ月(32,580円相当)の2018年9月限定キャンペーン。
・ギガ放題プランの月額利用料金は4,100円(@nifty会員費・月額250円含む)。
※以前まで口座振替による料金支払いが可能でしたが、2018年9月現在、クレジットカード支払いのみの受け付け。

目的別・部門別おすすめランキング

WiMAXのプロバイダ20社以上の月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容、ルーター端末の発送スピード、利用者からの問い合わせサポート体制の充実度など、さまざまな観点での比較結果をランキング形式で紹介します!

月額利用料金の最安ランキング

WiMAXでおすすめしたいのは、毎月支払う利用料金が最安のプロバイダ。キャッシュバックキャンペーン特典で実質価格が安いプロバイダよりも毎月支払う通信費用を節約でき、急な途中解約でもリスクや費用負担が最小なのがおすすめの理由です。

ランキング WiMAXプロバイダ名とおすすめ理由
1位 Broad WiMAX
月間7GB制限のライトプラン月額料金が2,726円、ギガ放題でも月額3,411円と他のWiMAXプロバイダと比較して最安級、契約3年目以降もお得な料金
2位 カシモWiMAX
月間7GB制限プランの月額料金が2,680円、ギガ放題プランの月額料金が3,380円と安い費用で利用可能(ただし契約3年目に値上がり
3位 So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+
月間7GBプランは月額2,780円、ギガ放題プランは月額3,380円で契約可能な月額料金割引キャンペーンを実施中

キャンペーン特典のおすすめランキング

キャッシュバックキャンペーンや、金券・Amazonギフト券のプレゼントキャンペーンなど、WiMAXのプロバイダ比較の楽しみの1つがお得なキャンペーン。キャンペーン特典金額の大きなプロバイダ、おすすめランキング上位3社を紹介!

ランキング WiMAXプロバイダ名とおすすめ理由
1位 GMOとくとくBB
他のWiMAXキャンペーンと比較して突出した4万円以上のキャッシュバック金額がお得なGMOとくとくBB。ただしキャッシュバック特典受け取りは契約開始約1年後、受け取り忘れリスクにも注意。
2位 BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+
最大3万円のキャッシュバック特典が魅力。ただしキャッシュバック金額が大きいのが古いルーター機種で申し込みの場合のみ、ということもあるので注意。
3位 Broad WiMAX
WEB経由の新規契約で初期費用18,857円が無料となるキャンペーンに加え、当サイト限定のお得なAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンも。

端末発送の早さランキング・WiMAXを最短で利用開始できるプロバイダ

インターネットを即日開通させたい、最速でWiMAXのルーターを入手したい場合のおすすめランキング1位のプロバイダは「Broad WiMAX」。最短即日発送、最短翌日にルーター端末が自宅に到着するほか、東京・大阪にはルーター受け取りが可能なBroad WiMAXの店舗も。最短で申し込み当日にルーターを利用開始できて料金が安いのはBroad WiMAXです。

ランキング WiMAXプロバイダ名とおすすめ理由
1位 Broad WiMAX
契約即日のルーター発送、最短で申し込み翌日には端末が届くほか、東京・埼玉・大阪の店舗で申し込み当日にルーター受け取りも可能
2位 GMOとくとくBB
最短で契約・申し込み当日にルーターを配送、翌日にはルーター端末を受け取れる可能性も

問い合わせ・サポート体制で選ぶWiMAXプロバイダ

WiMAXの通信状態やルーターに問題が起きた際には電話で問い合わせをしたくなるもの。WiMAXプロバイダ各社の問い合わせ・サポート体制も、一度比較しておくと良さそうです。ランキング上位には比較的大手のWiMAXプロバイダが並ぶ結果に。やはり大手ならではの安心感がありそう。

ランキング WiMAXプロバイダ名とおすすめ理由
1位 UQ WiMAX
UQお客様サポートセンターは、年中無休で電話問い合わせに対応。対応時間も9:00~21:00と他のWiMAXプロバイダと比較して長く、サポートページも充実。
2位 BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+
BIGLOBEカスタマーサポート・インフォメーションデスクで毎日10:00~19:00の間、年中無休で電話問い合わせに対応。また、新規契約の場合はチャットでの問い合わせ対応も。
3位 @nifty(ニフティ)WiMAX
@Niftyカスタマーサービスデスクで毎日10:00~19:00の間、年中無休で電話問い合わせに対応。

口座振替での利用料金支払いで契約可能なプロバイダ

多くのWiMAXプロバイダでWiMAXの料金支払い方法はクレジットカードのみであるのと比較して、下記プロバイダは口座振替での支払いにも対応している点がポイント。クレジットカードが無い、銀行口座引き落としでWiMAXの料金を支払いたい方におすすめのプロバイダです。

口座引き落としに対応するプロバイダ3社と総額料金の比較

口座振替による支払いの場合、毎月200円程度の引き落とし手数料が発生するほか一部キャンペーンが適用されないなど、クレジットカード支払いと比較するとWiMAXの実質総額料金が値上がりします。

WiMAXプロバイダ 3年間総額料金
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 143,582円
Broad WiMAX 146,998円
UQ WiMAX 155,828円

※以前までnifty(ニフティ)も口座振替による料金支払いが可能でしたが、2018年9月現在、クレジットカード支払いのみの受け付けとなっています。

今さら聞けない?!WiMAX比較の基礎知識

WiMAXとは
WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供する高速モバイル通信サービスで、WiMAX専用の“ルーター”と呼ばれる小型の無線通信端末を持ち歩くことで、全国にある基地局を経由してどこでもインターネット接続可能なサービス

WiMAXのモバイルWiFiルーターさえあれば、自宅でも外出先でも、またiPhone・Androidなどのスマホやパソコン、ipad、タブレット、ゲーム機でも、無線WiFi機能があるIT機器であればすべてWiMAX経由でネット接続可能です。
 
参考:WiMAXの5つの利点・メリットと注意すべきデメリット

WiMAXとWiMAX2+の違い・比較

WiMAX2+WiMAXサービスの始まりは2009年。その後、2013年にWiMAX2+と呼ばれる新たな通信回線を利用したインターネット接続サービスを開始。現在では従来のWiMAX回線と比較してWiMAX2+回線が主流で、通信速度も下り最大758Mbpsまで向上しているのがWiMAX2+通信回線。

比較すると、従来のWiMAX回線は13.3Mbpsまで低速化、2020年3月末に停波予定。つまり今後はWiMAX=WiMAX2+回線を使った通信サービスで、WiMAXとWiMAX2+の違いはあまり意識しなくて良さそうです。

屋外基地局3万局を突破!拡大中のWiMAX2+サービスエリア

基地局の増加グラフ

WiMAX2+の屋外基地局は2017年に3万局を突破。

WiMAX2+対応の屋外基地局は急速に増えており、2017年に3万局を突破。サービスエリアが急速拡大しているのもWiMAXの特徴です。また空港や駅、大型の商業施設など建物内部には屋内基地局の設置も進み、広いエリアで繋がりやすいインターネット接続サービスとなっています。

WiMAXで利用可能な3つの回線と通信速度・3つのモード比較

WiMAXでは合計3つの通信回線を利用可能で、ルーター端末本体で設定する「通信モード」により利用する通信回線を変更できます。各回線・各通信モードの特徴比較は以下の表の通りです。

各回線・各通信モードでの速度比較表
使用回線 旧WiMAX回線 WiMAX2+回線 WiMAX2+とau 4G/LTE回線
通信モード ノーリミットモード ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
下り最大速度比較 13.3Mbps 558Mbps 758Mbps

通信モードを比較すると、WiMAX2+回線とauの4G/LTE回線を同時に利用するハイスピードプラスエリアモードが最速で、下り最大758Mbpsの高速インターネット通信を実現できます。

参考:WiMAXの通信速度をルーター・エリア・実測で比較!

エリアの広いauの4G/LTE回線を使用したインターネット接続が可能

他のポケットWiFiの優位性だった対応エリアの比較的広い4G/LTE通信ですが、WiMAXでもハイスピードプラスエリアモードで利用可能になりました。WiMAXの圏外エリアや電波の入りづらい場所でも、auの4G/LTE対応エリアであればWiMAX端末を利用したインターネット接続が可能になり、ますますWiMAXの利便性が向上しています。

WiMAX機器の短期・お試しレンタルサービス・Try WiMAX

Try WiMAX
無料のルーターお試しサービス・Try WiMAX

UQ WiMAXでは、無料でWiMAX機器の短期・お試しレンタルが可能なサービス・Try WiMAXを提供しています。WiMAXの契約・申し込み前に、モバイルルーター端末やホームルーター端末を使用して、電波の受信状況や回線速度を確認可能なサービス。もちろんモバイルルーター最新機種・W05も無料レンタル対象で、気軽にお試しが可能。
 
Try WiMAXの申し込みは、UQ WiMAXのサイトからインターネット経由の申し込みのみ。また申し込みにはクレジットカードが必要です。他のポケットWiFiと比較して、無料のお試しサービスがある点もWiMAXのメリットで、契約前に必ず利用することをおすすめしたいサービスです。
 
参考:ルーター機器の無料レンタル・お試しサービス「Try WiMAX」

WiMAXとテザリング~ルーター併用、またはスマホのみでの費用比較~

WiMAXのようなポケットWiFiを契約、スマホと2台持ちで併用するか、それともスマホの契約プランを見直してテザリング中心のインターネットにするか、特に一人暮らしの方であれば誰もが悩むところ。
 
ただし、docomoやSoftbankなどキャリア各社の料金プランとWiMAXの料金プランを比較すると、お得なのはWiMAXの追加契約・スマホとの併用です。

docomo(ドコモ)の場合

docomoのロゴテザリングオプション費用はかかりませんが、docomo(ドコモ)のバケットバック・ウルトラデータLLパックの月額料金は8,000円と高額。docomoの契約は最小プラン、WiMAXのギガ放題プランを追加契約した方が費用の節約に繋がります。

Softbank(ソフトバンク)の場合

月額500円のテザリングオプション費用に加えて、月間50GBのウルトラギガモンスタープランの料金は月額9,000円と高額。docomoと同様、Softbankのスマホを契約している場合もWiMAXの併用がおすすめです。

auの場合

auロゴauのスマホを契約中の場合は、auスマートバリューmineも利用できるWiMAXの併用が圧倒的におすすめ。例えば、大容量の「auフラットプラン30」を契約するよりも月額で数千円の費用節約になります。
 
参考:WiMAXとテザリングの比較~メリット・デメリットや料金の違い~

当サイトのWiMAX・ポケットWiFi最新人気ランキング!

 

第1位 WiMAX(おすすめはブロードワイマックス!)

WiMAXは安い月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーンが豊富

BroadWiMAX他のポケットWiFiと比較してWiMAXの魅力は、20社以上のプロバイダがさまざまな料金プラン・キャンペーンを提供している点。プロバイダによって安い月額料金で利用できたり、現金数万円のお得なキャッシュバックキャンペーンがあるなど、自分に合った料金・価格プランを見つけられる点がメリット。
 
さらに当サイトでおすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)で契約すれば最安級の月額料金でWiMAXを利用できるほか、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンも。キャッシュバックキャンペーンと比較して、契約後すぐにプレゼント特典を受け取れる点も人気。ルーター端末の即日発送や店舗受け取りに対応しているBroad WiMAXは、最短即日で利用開始可能な点もおすすめの理由の1つです。

他のポケットWiFiにはない月間通信量無制限のギガ放題プラン

さらに他のポケットWiFiと比較してWiMAX2+の特徴となるのが月間通信量無制限のギガ放題プラン。最安料金のプロバイダと契約すれば実質月額3,000円台から利用可能と、他のモバイルWiFiルーターサービスや光回線サービスと比較して、かなり安い月額料金で利用できます。
 
他のポケットWiFiの中にも月間通信量が無制限となるオプションなどがあるものの、WiMAXのギガ放題プランと比較すると対応エリアが狭いなど悪い評判も。特に毎月のデータ通信量の多い方におすすめなのがWiMAXなのです。

WiMAX(ブロードワイマックス)の詳細はこちら

第2位 ネクストモバイル(NEXT mobile)

月間通信量20GB以上の大容量プランを格安料金で利用できる

NEXT mobileWiMAXの次におすすめしたいのが、ネクストモバイル(NEXT mobile)のポケットWiFi。WiMAXや他のポケットWiFiに多い月間5GB~7GB制限のプランではなく、20GB~50GB制限と比較的大容量のプランを格安料金で利用できる点がおすすめポイント。通信量の多い方におすすめはWiMAXのギガ放題プランですが、WiMAXの圏外エリアや地方での利用が多い場合におすすめが、このネクストモバイル(NEXT mobile)です。

ソフトバンクのLTE回線利用のネクストモバイルは対応エリアが広い

数あるポケットWiFiの中でもネクストモバイル(NEXT mobile)が人気・おすすめである理由の1つが、対応エリアの広いソフトバンクのLTE回線を利用するサービスである点。地方ではやや電波の入りづらいエリアもあるWiMAXと比較して、ソフトバンクのLTE対応エリアは日本全国に広がっています。

デメリットがあるとすれば通信速度が比較的遅い点。WiMAXの下り最大速度758Mbpsと比較すると、ネクストモバイルのルーター端末のスペックでは下り最大速度150Mbps

とは言え、「本当は通信量無制限プランが良いが、WiMAXが圏外」という場合は、ネクストモバイルの大容量プランがおすすめ。月額料金2,760円から利用できます。

ネクストモバイル(NEXT mobile)の詳細はこちら

第3位 Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)

Yahoo! Japan(ヤフー)提供のソフトバンク回線を使ったWiFiサービス

Yahoo! Wi-FiYahoo! Japan(ヤフー)が提供するモバイルWiFiルーターサービス・Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)。何と言っても、有名・大手企業が提供するサービスだけに安心感がある上、利用する回線もネクストモバイルと同じソフトバンク回線。対応エリアが広いので、比較的どこでも利用可能です。
 
またすでにYahoo!(ヤフー)プレミアム会員の場合はお得な料金で利用でき、Yahoo!のサービスを良く利用する方にとっては魅力的なモバイルWiFiです。

月間データ通信量5GBのおてがるプランと無制限のたっぷりプラン

Yahoo! Wi-Fiの月間データ通信量5GB制限「3年契約おてがる」プランはYahoo!(ヤフー)プレミアム会員の場合、月額料金2,480円で利用可能とお得でおすすめ。

ただし、会員でない場合は実質月額料金3,696円(Yahoo!プレミアム会員費用含む)とWiMAXと比較して高く、また使用するルーター機種「Pocket WiFi 601ZT」のスペックでは下り最大速度112.5MbpsとWiMAXと比較して劣ります。

これと比較して月間通信量無制限の「3年契約たっぷり」プランは、アドバンスオプション料金も含めて月額4,380円やや高額。また通信量無制限となるのがアドバンスモード通信のみで利用可能なエリアが限定される点も、WiMAXのギガ放題プランと比較した時のデメリット。
 
ただし、いずれのプランも契約・申し込みと同時にルーター端末が最短即日発送されるなど、対応が早い点と月間5GB制限プランの料金が安い点はYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のメリットです。

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の詳細はこちら

第4位 Ymobile(ワイモバイル)

店舗でも申し込み可能なYmobile(ワイモバイル)のポケットWiFi

Ymobile・ロゴこちらもYahoo! Wi-Fiと同様、ソフトバンクのLTE回線を利用するポケットWiFiで、対応エリアの広さとやすい月額料金が魅力のYmobile(ワイモバイル)。またYmobileの店舗店頭でもポケットWiFiサービスの契約・申し込みが可能です。ただし、新規契約には審査があるため即日開通、インターネットの利用開始ができない点には注意が必要。
 
これと比較してWiMAXプロバイダの中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)であれば即日開通・店舗でのルーター端末受け取りが可能な点がメリットです。

月間通信量無制限にはアドバンスオプションが必要

この点もYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)と同じですが、Ymobile(ワイモバイル)にも月間通信量が制限なしとなるアドバンスオプションがあります。アドバンスモード対応エリア内でインターネット通信を無制限で利用できるオプションですが、デメリットはアドバンスモード対応エリアが非常に限られる点。その点で比較すると、WiMAXのギガ放題プランの場合が広いエリアで使い放題となり、利便性が高いと言えます。

Y!mobile(ワイモバイル)とWiMAXの比較はこちら

Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら